日に日にふえ

6 の用例 (0.00 秒)
  • その数は日に日にふえ、七日目には五千騎二万人を越える人数になった。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • ぼんやりとしかわからぬ何かからのがれて、ここへにげこんでくる動物が日に日にふえておるのだ。 アリグザンダー『(プリデイン物語5)タラン・新しき王者(完)』より引用
  • 人工の降雨が永遠の乾燥にピリオドを打ち、自然のオアシスは拡大され、そこに住みつくモンゴル農民は日に日にふえていく。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • 口之津港には三池炭と飲料水を補給したくて入港する外国船が、日に日にふえて船員相手の歓楽街もできた。 小堺昭三『明治の怪物経営者たち(3)』より引用
  • 「それにひきかえ、稲葉山の義竜様のもとにあつまる人数は日に日にふえておりまする」と、信長もおもわざるをえない。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • それ以後、昼夜をわかたず、路上、屋内を問わず、突然心臓麻痺でバッタリたおれて死んで行く人の数は、日に日にふえ出した。 小松左京『復活の日』より引用