日に外務省

13 の用例 (0.00 秒)
  • 大学予備門から東京帝国大学を経て、明治20年7月19日に外務省に入省する。
  • ポツダム宣言が連合国から示されると、加瀬は7月30日に外務省に対して、ドイツの場合とは要求内容が異なるが完全敗北した場合にはその保証はなくなること、「無条件降伏」の内容が緩和されていること、日本側の反応によってはソ連が日本に何らかの勧告を出す可能性があることを考察として送っている。
  • パスポート番号はME1743279で、一九七四年十月二十六日に外務省から発給され、有効期限は一九七九年十月二十六日である。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用
  • パスポート番号はME2541176で、一九七五年八月十六日に外務省から発給され、有効期限は一九八〇年八月十六日である。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用
  • その後、1942年11月23日に外務省経由で病院船として連合国への通告が行われ、12月に入ってからスイス、スウェーデンおよびスペイン経由で連合国側に通告された。
  • なお本船は、上記の野間の記述とは違い1942年11月23日に外務省経由で病院船として連合国への通告が行われ、12月に入ってからスイス、スウェーデンおよびスペイン経由で連合国側に通告され受理されていた。
  • 加瀬は藤村とその上司の西原市郎大佐に聴取した上で、7月31日に外務省に返電を送った。
  • その語源は、2014年7月29日に外務省参与で地球環境問題担当大使の堀江正彦が富山市を視察訪問した際、「富山市が世界のエネルギー効率改善のモデル都市になるよう期待している」との発言が報道され、その文中で既に「エネルギー効率改善都市」と記されている。
  • また野党からは鈴木宗男が内閣官房副長官在任中の1999年5月27日に外務省欧亜局関係者と面談して、工事の入札参加資格を「根室管内」に本社があるBランクの企業に限定するよう強く要求し、該当する企業を渡辺建設工業一社のみにしたことが問題視された。
  • マサリクはソ連に呼び出されモスクワを訪問し、ヴャチェスラフ・モロトフ外相と会談し帰国したが、帰国後間もない1948年3月10日に外務省の中庭、浴室の窓の下でパジャマ姿で遺体となって発見された。
  • 日本は、上記のように2009年よりオブザーバー参加ではあるが、2013年3月19日に外務省が北極評議会も職掌とする北極担当大使の新設・任命を行う等、関与を深めている。
  • この規約に基づき、大陸会議は1781年1月10日に外務省および外務長官の設置決議を行い、7ヵ月後の1781年10月20日にニューヨーク植民地代表のロバート・リヴィングストンを初代外務長官として指名した。
  • 明治元年12月、駿府藩公儀人に任命されたが、翌年8月2日に外務省に出仕、29日に開拓使権判官に任命されて再び蝦夷地に赴任、明治10年1月29日に退官するまで開拓使長官黒田清隆の元で働いた。