旅費を工面

21 の例文 (0.00 秒)
  • そのため、江戸石原にある屋敷を売却して旅費を工面するほどであったという。 ...
  • たとえ実行しようとしたところで、当時の生活状態では、旅費を工面する余裕さえなかったのですから。 ...
  • そして、とうとう死ぬまでに一度それを見ようと決心しまして、旅費を工面しました。 ...
  • その日まで着てゐたたつた一着の私の背広を八郎が着て、妻の外套で旅費を工面をした。 ...
  • その日の内に身の周りの物を売り払って旅費を工面し、その夜に上京して、東京モスリン亀戸工場に入社した。 ...
  • 居木井刑事は、自腹を切って旅費を工面し、北海道小樽おたる市の平沢宅を訪れた。 ...
  • そのためシーコールは自身で旅費を工面し戦場へ向かい、前線における負傷者の扱いが余りにひどいことに衝撃を受けた。 ...
  • 旅費を工面するために托鉢をして質素な生活を行い、詩作をしながら各地を旅し、権力者から一般の人々まで広く交友した。 ...
  • 昨年中大阪におりましたが、元のつとめ先のシュワルツエ・カッツエという家の、他の女給の話から彼女が東京に行つているようなことをちらとききましたので、旅費を工面すると早速上京いたしました。 ...
  • それでも彼は周囲の人々を説得したり、街角でお金を集めたりして旅費を工面し、キューバからただ1人の陸上競技代表選手としてセントルイスへと向かった。 ...
  • 自分の苗字と同じ名前の山があることを知った引きこもり気味の高校生 天山龍也は、その山脈を見てみたい一心で親に無理を行って旅費を工面してもらいアドベンチャーツアーに参加する。 ...
  • 和一郎の談話として書かれているのは、ともかくも、建築家である彼ら若夫婦が、なけなしの旅費を工面してイタリーの建築や美術を見て来たということでもなければ、フランスのコルビュジエの新しい建築「前衛」の室内装飾についてでもなかった。 ...
  • 永山は京都事件後の10月19日、網走へ向かうための旅費を工面するために池袋に住む次兄を訪ねたが、次兄から金を必要とする理由を追及された。 ...
  • 当初、毎日新聞社が「本社文化使節団」として旅費を負担する話を進めていたが、新聞社に口出しされることを嫌った直哉は自腹で旅費を工面した。 ...
  • 一緒に参加できないことで落ち込むふたりだが、諦められないあおは周囲に迷惑が掛かることを承知の上、旅費を工面して独断で石垣島に乗り込み、熱意に折れた主催から特例で見学者として認められる。 ...
  • 駆け出しのお笑いコンビが、軍資金10万円を元手にパチンコで旅費を工面しながら、東北6県の各県で観光とグルメを満喫するというルールのもと旅をしていく。 ...
  • マコはその後もアルバイトをして長距離電話で励ましたり、旅費を工面して阪大病院を訪れるなどし、2人の愛は深まるばかり。 ...
  • 次へ