旅立つ際

14 の用例 (0.00 秒)
  • 前者は旅立つ際に剣と共に父親から譲られた名前であり、本名は後者である。
  • 最終回ではサトシがカロス地方に旅立つ際にピカチュウ以外を預けた。
  • 旅立つ際にジョージ・グレンが自分がコーディネイターであることを告白した。
  • 他界へ旅立つ際には、境界としてステュクス川などの川またはその川に架かる橋や門といった象徴が世界中でよく用いられる。
  • 旅立つ際、家族にはトレーナーになると言ったようだが、ポケモンを苦手としていたため元々トレーナーになりたいとは思っておらず、旅に憧れていたために旅がしたいだけであった。
  • 第28回天下一武道会で悟空がウーブを連れて旅立つ際には他の仲間が戸惑う中、ピッコロとベジータのみが理解を示す様子を見せた。
  • 最終回では記念写真には写っているが、サトシがカロス地方に旅立つ際に再びリザフィックバレーに戻ったのか、オーキド研究所に預けられたのかは描かれていない。
  • この帽子は「種帽子」と呼ばれ、こびとが故郷を旅立つ際に長老のそれを模したものが与えられ、旅先で定住するとその者が新たな長老となり、子孫に帽子を与えるというものである。
  • 「化学製品を身に着けるとポケモンが寄ってこなくなる」という理由で、当初はツタと葉っぱを服代りにしていたが、旅立つ際にルビーが作った服を着て行く。
  • AG以降は新たな地方へ旅立つ際、ピカチュウ以外のポケモンを全てオーキド研究所に預け、その明確な理由は明かされずに物語が進行している。
  • しかしすでにメリザンドは黄泉の国へ旅立つ際であり、「許さなければないようなことは、思い浮かばない」などと受け答えは要領を得ない。
  • 原作最終回「バード星への道」でみつ夫が日本のパーマンの代表としてバード星への留学に旅立つ際、パー子はみつ夫にだけ素顔を見せ、笑顔で送り出した。
  • サトシがホウエン地方に旅立つ際、研究所に預けられる。
  • ポケモントレーナーとして旅立つ際に最初のポケモンとしてゼニガメを希望するが、寝坊が原因でゼニガメは既に他のトレーナーが受け取ってしまい、最後に余っていたピカチュウを譲り受ける。