旅立つ用意

9 の用例 (0.00 秒)
  • 病院を出て行くその日、まだ里美が迎えに来ないうちから身辺の整理をして旅立つ用意をする。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • 作者が親類の法事の際に聞いた「四十九日の法要が、死者の魂があの世へ旅立つ用意をしている期間に行われるもの」という僧侶の言葉が作品作りのきっかけになっている。
  • あんなに自分を慕っていはしたが岡も上陸してしまえば、詮方せんかたなくボストンの方に旅立つ用意をするだろう。 有島武郎『或る女』より引用
  • あんなに自分を慕っていはしたが岡も上陸してしまえば、詮方せんかたなくボストンのほうに旅立つ用意をするだろう。 有島武郎『或る女』より引用
  • さしあたっては甲州有野村に居ついているが、与八にはいつでもとびだして全国巡礼へ旅立つ用意がある。 今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』より引用
  • 瑤子は苔をしまうついでに、手早く旅立つ用意をした。 半村良『魔女伝説』より引用
  • 私はヘジャズを指して即刻旅立つ用意をし、仕度をととのえるに、心せいているによって。 佐藤正彰訳『千一夜物語 10』より引用
  • 旅立つ用意をする。 種田山頭火『其中日記』より引用
  • 夏はすぎ、ケシと矢車菊、麦ナデシコとエゾギクはしぼんで消えうせ、池のかわずの声もしずまりかえり、コウノトリは空高く舞い上って、南へ旅立つ用意をしていた。 ヘッセ/永野藤夫訳『知と愛』より引用