旅立つ時

18 の用例 (0.00 秒)
  • お葉は兄と嫂が結婚して遠く旅立つ時、ステーションに送りに出た十七の自分を思ひ出したのであつた。 素木しづ『三十三の死』より引用
  • ここで少しつけ加えておくが、私が十年前、フランスに旅立つ時、フランス語を教えてくれた先生があたえてくれたいくつかの注意の中に、こんな一つがあった。 なだいなだ『クレージイ・ドクターの回想』より引用
  • しかし、アメリカへ旅立つ時緒と成田空港で会い、2人は再会を誓う。
  • 武庸が新発田から旅立つ時に植えたとされる石台松と赤穂浪士の木像が収められている義士堂がある。
  • ハインラインの最盛期はフロイトと精神分析学が最ももてはやされた時代でもあり、『宇宙に旅立つ時』などでは精神分析学の影響が強い。
  • 原作者の角野は映画化に際し、当初は唯一の注文として「キキが旅立つ時にキキの故郷の木に付けられていた鈴を鳴らすこと」のみを求めていた。
  • 角野はアニメ映画化に際し、当初は唯一の注文として「キキが旅立つ時にキキの故郷の木に付けられていた鈴を鳴らすこと」のみを求めていた。
  • サトシがホウエン地方へ旅立つ時にオーキド研究所に預けられる。
  • 実が満洲へ旅立つ時、預って置いた父の遺筆を取出した。 島崎藤村『家』より引用
  • この主題は叙事詩では一般的なもので、アーサー王伝説の中にもアーサーがアヴァロンへ旅立つ時に同様の約束をしており、ここでもイエス・キリストの再臨が繰り返されている。
  • 琉球ではかつて、兄・弟が漁などで旅立つ時に姉・妹が毛髪またはティーサージをお守りとして贈った。
  • 私は彼が旅立つ時、是非チロルへ寄るやうにすゝめた。 岸田国士『横光君の印象』より引用
  • 角野は『魔女の宅急便』の映画化に際し、当初は唯一の注文として「キキが旅立つ時にキキの故郷の木に付けられていた鈴を鳴らすこと」のみを求めていた。
  • 竹久夢二が欧州に旅立つ時に、四代目当主がこれを援助するなど、竹久夢二と関わりがあり、竹久夢二の作品を絵封筒や便箋、千代紙などで売り出し、現在でも、それら夢二の手がけた商品を販売している。
  • 近所の人はそれを見ようと熱心に集まって残らず買い取り、屋根裏部屋やごみだめに注意深く運び、分限が定まり彼らがふたたび次の世に旅立つ時が来るまでそこに眠らせておく。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • やがて、彼の父の言に従って、仏蘭西共和国の領事となって、遠い任地へ向けて旅立つ時になっても、彼はその胸の中に、故国から遠くにある流離の子を夢に誘うべき、美しい恋の思い出も、愛するものと隔ってある時の、甘い悲しみも、恋い焦れる幻のやさしさを持たずに旅立つのかと思うと、堪えがたかった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • サトシがシンオウ地方へ旅立つ時、オーキド研究所へ預けられるが、サトシと離れたくないあまりシンオウ地方へ向かう船にこっそり乗り込み同行することに。
  • ユリアンが駐在武官としてフェザーンに旅立つ時に、錆びついた青銅製の「幸運の鍵」をプレゼントした。