旅立つ前

60 の用例 (0.00 秒)
  • 旅立つ前に、自分は彼女が言わないでくれとささやいた言葉を告げるだろう。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • では、自分が旅立つ前に期待していた南方の至福とは、これなのだろうか? 中島敦『環礁』より引用
  • では、自分が旅立つ前に期待してゐた南方の至福とは、これなのだらうか? 中島敦『環礁』より引用
  • いったん行けば戻ることのかなわぬ、死の闇にとざされた暗い国へ旅立つ前に。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』より引用
  • たとえばこの原稿も、アフリカに旅立つ前の日に書いている。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 以上が、彼がニューヨークへ旅立つ前の状態だったらしい。 柴田曜子『尾崎豊 夢のかたち』より引用
  • ちょうど、私が天竺へ向かって旅立つ前のことでございました。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • そして999で旅立つ前に機械伯爵の屋敷に赴き、母の仇討ちを遂げる。
  • 猟に旅立つ前の少なくとも一週間は女断ちしなければならない。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • 八〇キロほど離れたスラゲルセへ旅立つ前に、コリンはいいました。 アンデルセン/川崎芳隆訳『絵のない絵本』より引用
  • 旅立つ前に別れの挨拶をした場所はに、ワンパノアグ族によって作られた石碑が今も残っている。
  • これは支那に旅立つ前に、佐藤春夫先生の、こまかい心尽しの言葉だった。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 主人公らが地下世界に旅立つ前の時期を描いたオリジナルエピソードで、ドラマCDオリジナルの登場人物も登場する。
  • 青龍寺せいりゅうじからは、天竺てんじくへ向かって旅立つ前の不空ふくうも顔を出していた。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • 私が支那に旅立つ前に、グランド・ピアノを石神井の私の家に運ぶ、と云っていた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • いや、初めて陰陽師として旅立つ前、秋水とともに再びあの家を訪れたことがあった。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 播隆は五月になって名古屋に旅立つ前に芝山長兵衛と会った。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • 梶がヨーロッパへ旅立つ前からうっかり民族という言葉を用いようものなら、ひどく知識階級のある種のものたちから矢を受けた。 横光利一『厨房日記』より引用
  • 母親に優しく抱きしめられ、ディードリットは旅立つ前の自分に戻ったように思った。 水野良『ロードス島戦記 外伝「ハイエルフの森 ディードリット物語」』より引用
  • しかし、そこへ旅立つ前にすることがある。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • 次へ »

旅立つ前 の使われ方