旅立つはず

5 の用例 (0.00 秒)
  • 私の体はガンガの水に溶けて、私の魂はあの人の後を追って旅立つはずなのだもの。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • あれはな、キャサリン号という船で、あと二日のうちには外の世界へ向かって旅立つはずじゃ。 荒俣宏『別世界通信』より引用
  • 素敵な思い出を胸に、私はパリに旅立つはずだった。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 鮭の仲間たちと海に旅立つはずだったが、のんびりしすぎて置いていかれてしまい、途方に暮れていたところを、笹だんごの神の導きによってササダンゴンと出会い、仲間になった。
  • 本当は太一たちと一緒にデジタルワールドに旅立つはずだったが、病欠により子供会のキャンプを休んでいた為、他の7人より遅く戦いに参加した。