旅立つこと

175 の用例 (0.01 秒)
  • その朝シーザーは妻と二人でヨーロッパに旅立つことになっていたのだ。 小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』より引用
  • 三人はそこで、いよいよ日本に向けて旅立つことを知らされたのである。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • そこでいよいよマルコは父親も承知してくれたので旅立つことになりました。 日本童話研究会『母を尋ねて三千里』より引用
  • クネヒトは一時は、もう彼に全然会わずに、旅立つことさえ考えていた。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • ドンの子孫たちがプリデインから旅立つことが知れわたったからだった。 アリグザンダー『(プリデイン物語5)タラン・新しき王者(完)』より引用
  • 目的を達成したら、次の目的地に向かってまた旅立つことになる。
  • その結果化膿せずにすんだので、三日後にはもう旅立つことになった。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 叔父は再びアトリヱを訪れ、そして放浪に旅立つことを言ひだしたのだ。 坂口安吾『狼園』より引用
  • 有限の命を持つ者がこの舟で旅立つことは、すなわち死を意味する。
  • その上で彼は安んじて旅立つことが出来るのであった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • 世界の危機を救うため、4人の英雄がこの島に旅立つことになった。
  • パクは日本以上の受験地獄の国から、十四歳で旅立つことになった。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • 晃輔たちは雅の提案で家族旅行兼ハネムーンでロスに旅立つことになる。
  • 常人じようじんよりかなり早いが、自分は明日、その探求の旅に旅立つことになろう。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • 自分の役目は終わったと感じたメリーは次の子供たちのために旅立つことを決意する。
  • そのおり彼の新妻は身重であったので、夫と一緒に旅立つことが出来なかった。 ホフマン・エルンスト・テオドーア・アマーデウス『世界怪談名作集』より引用
  • 善は急げと言い、主はその言葉を聞くやいな早速さっそく旅立つことにしたのである。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 叔父は私の顔を見ると、いきなり放浪に旅立つことを喚きはじめた。 坂口安吾『狼園』より引用
  • わたしはキタさんに後を託して、イギリスへと旅立つことになった。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • そのためケンブがオウケンの代わりに清都へ旅立つことになったのである。
  • 次へ »

旅立つこと の使われ方