旅に出かける

79 の用例 (0.00 秒)
  • かれが過去への旅に出かけている間に、神官は十年も歳をとっていた。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 青ひげは奥さんにキスをすると、四輪馬車にのって、旅に出かけました。 ペロー『ペロー童話集(眠れる森の美女・赤ずきんちゃん・シンデレラ 他)』より引用
  • この旅に出かけてくる前に、三十五年ぶりに読み返したところだった。 高田宏『木に会う』より引用
  • 英泉は30代までに三度出国し修験者として修行・布教の旅に出かけた。
  • 私は仕事のために小さい旅に出かけるばかりにしておりました。 堀辰雄『「美しかれ、悲しかれ」』より引用
  • 男は彼の女があんまり思い切った様子をするのが見て居られなくって旅に出かけた。 宮本百合子『芽生』より引用
  • 旅に出かける際にも、ごはん皿を帽子のように被りどこにでも持ち歩く。
  • しかもこれから旅に出かけるのではなく、どうやら旅をして来たといった気配だ。 山田風太郎『忍法笑い陰陽師』より引用
  • 内容は不明だが、それから三カ月後、モハーベ砂漠へ死の旅に出かけたんだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター17 エイリアン黒死帝国 上』より引用
  • このまま北イタリア五泊七日の旅に出かけられそうな気がする。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • つぎの日になると、ぼくたちはまた馬車ばしゃにつまれてべつたびに出かけることになった。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 本当に西の旅に出かけてしまったのかな。 かんべむさし『かんちがい閉口坊』より引用
  • 僕はその主人が旅に出かける前、一度一緒に散歩したことがある。 原民喜『飢ゑ』より引用
  • 彼と初めて旅に出かけたとき、素子はその事実を告げられた。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • 家庭を崩壊させた男が当て所のない旅に出かけ、自己を再発見しようとするという内容である。
  • 旅に出かけるということは、すこしもたのしいことではありませんでした。 アンデルセン/山室静訳『アンデルセン童話集1』より引用
  • 家族揃って夏の旅に出かける時、私はいつも留守の者に云い残した。 豊島与志雄『樹を愛する心』より引用
  • そういう中から、またぽつりぽつりと巡礼の旅に出かける人達もあった。 豊島与志雄『秋の幻』より引用
  • 逮捕の手をかろうじて逃れ、再びラスプーチンは巡礼の旅に出かけました。 桐生操『きれいなお城の怖い話』より引用
  • 麻子がまだ小さい時から、よく一人でふらりと旅に出かけている。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • 次へ »