方臘討伐戦

17 の例文 (0.00 秒)
  • 方臘討伐戦では、独松関で厲天祐を五、六十合打ち合った末に討ち取る。 ...
  • そんな白勝も方臘討伐戦で病にかかり死亡した。 ...
  • 方臘討伐戦では盧俊義隊の一員として宣州・湖州・独松関と攻める。 ...
  • 方臘討伐戦において、歙州攻めで敵の計略により、開いていた城門を単廷珪と駆け抜けたところで落とし穴に落ちてともに命を落とした。 ...
  • 方臘討伐戦では、歙州で一度大敗するが敵の夜襲を予感した朱武が敵を待ち伏せて迎撃した。 ...
  • 朝廷に帰順した後も歩兵軍の一人としてよく働いたが、方臘討伐戦の宣州攻めで、敵が城壁から飛ばしてきたひき臼が直撃、これが致命傷となって陣中に戻った後、死亡した。 ...
  • 朝廷に帰順し梁山泊を離れる際、引越しの準備と後始末を行ってから物語の表舞台から姿を消し、方臘討伐戦において杭州で流行った疫病にかかり没した。 ...
  • 方臘討伐戦では烏竜嶺を攻め取るため、呂方と競争するが断崖で敵の抗戦をうけ、郭盛は敵の転がしてきた大岩に馬もろとも押し潰されてしまった。 ...
  • 方臘討伐戦では阮小七らとともに別働隊を率いて杭州の海路の封鎖作戦に加わったが、この時張横は突如、意識を失い宋江の前で目を覚ましたときには手に敵将・方天定の首を引っさげていた。 ...
  • 方臘討伐戦では、潤州、常州、蘇州へと進むが、蘇州の戦いで敵将の郭世広と戦い相討ちとなり戦死した。 ...
  • 方臘討伐戦では歙州城攻めに加わり勝利するが、敵将王寅の逃走を阻もうと徒歩で騎馬に挑み、相手の槍一突きで胸を貫かれ死亡した。 ...
  • 方臘討伐戦では、潤州で徐統を討ち取り、蘇州では一騎討ちする代表の8人の将として選ばれたりしたが、杭州攻めの際に徐寧と偵察中に、城門が開いているのを不審に思い近づくと中から敵の急襲に遭い生け捕られる。 ...
  • 方臘討伐戦で、鄭天寿、王英らかつての仲間は次々戦死し、燕順自身も、味方の馬麟の危機を救おうとしたとき、敵最強の将石宝の流星鎚で額を砕かれて最期を遂げた。 ...
  • 梁山泊が朝廷に帰順した後の、各地の戦いでは守備隊や補給隊などを指揮して、前線に出ることは少なかったが、方臘討伐戦では杜興とともに遊撃隊を指揮し、睦州攻めにて敵将・伍応星を得意の飛刀で討ち取り、武芸の冴えを見せた。 ...
  • 最後は方臘討伐戦で敵の守る昱嶺関を石秀と師の李忠ら5人の頭領と偵察に出向くも、敵に察知され、弓の名手龐万春によって喉を射抜かれ絶命、他の5人も潜んでいた弓兵に全員射殺されてしまった。 ...
  • 王慶討伐戦では最終決戦で敵将・潘忠の首を挙げ、方臘討伐戦で味方、敵将それぞれが一騎討ちをすることになった時、代表8人の1人に選出され、敵将・郭世広と互角に立ち回り、歙州では強敵・王寅を倒すのに加わった。 ...