新進気鋭

229 の用例 (0.01 秒)
  • ハンガリーに生まれたストラウスラーは、戦間期に英国へ移住してくる以前は新進気鋭の自動車技術者であった。
  • また同じ若手で新進気鋭のシナリオライターであるるーすぼーい、丸戸史明とも交流が深い。
  • また、新進気鋭の陸上競技解説者としても破竹の勢いを見せており、特に日本放送協会が放送する陸上競技の大会ではもっぱら尾縣が解説を行うことで知られる。
  • 角川がそれに応えて監督に、当時新進気鋭の大林が起用された。
  • 新進気鋭のイタリア系マフィアで、急激に勢力を拡大している。
  • 音楽は当時地球大紀行等で新進気鋭の吉川洋一郎が担当した。
  • 結果的にそれには落選したもののその新進気鋭の提出案は審査官を注目させ、陸軍からマクドネル社にさらなる研究開発データ提供のための資金援助が行われることとなった。
  • それで、新進気鋭のミステリィ作家のインタビューという企画で、来木来人を取材することにしたのです。 石崎幸二『日曜日の沈黙』より引用
  • そんなときに当時新進気鋭のプロデューサーであった呉思遠に貸し出される形で2本の映画に主演した。
  • このさびしい村には、孤独を熱愛する新進気鋭の数人の画家たちが住んでいて、フランスの初期印象派の影響をうけた絵をかいていた。 リルケ/石丸静雄訳『リルケ詩集』より引用
  • エリートで新進気鋭を絵に描いたような人格であったので、十年ほどまえ知り合った頃には、私はどちらかというと、彼のことを敬遠していた。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • 主に当時新進気鋭だったスポーツライターが務めた。
  • ハダースフィールド大学にランキングされており、新進気鋭の大学として注目を集めている。
  • 中島氏はまだ三十歳、まさに新進気鋭の学者である。 養老孟司『無思想の発見』より引用
  • 新進気鋭らしく一気にそう云って、言葉を継いだ。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 生まれついての美貌と品のある芸風で東京・大阪で人気を集め、新進気鋭の若手として注目される。
  • 幸田カエデは最近、新進気鋭の書道家として斯界しかいの注目を集めている女だが、そうでなくても高校時代から注目の的だった。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 然しながら私は日本の最も「若い画家」の新進気鋭の意味の発表場所として是非この種の展覧会の一つ位あつても良いと考へてゐる。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-19』より引用
  • 戦後、新進気鋭の幕内関取として颯爽さつそうと登場してきた二所ノ関部屋の荒武者である。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • それまで新進気鋭の声優として一応正統派を目指していた浅野は、この番組のかなり早い段階で色物声優としての地位を確立してしまい、その後の仕事はこのキャラクターを前提としたものが中心となっていった。
  • 次へ »

新進気鋭 の使われ方