新進気鋭の若手

15 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は新進気鋭の若手エッセイマンガ家として多誌で連載している。
  • 生まれついての美貌と品のある芸風で東京・大阪で人気を集め、新進気鋭の若手として注目される。
  • 佐藤嘉風が新進気鋭の若手プレイヤーたちと作り上げたイマジネーションに富んだ一枚となっている。
  • 主にストリートやライブハウスなどで活動する新進気鋭の若手ミュージシャンらがライブを行う。
  • 新進気鋭の若手アーティストを世界各国から招き、滞在中の創作活動の支援活動を行ったり、地域へのアート体験機会を提供しており、国内外からその芸術性を評価され、日本のアーティスト・イン・レジデンス事業の草分け的存在として知られている。
  • 主に新進気鋭の若手劇団が利用している。
  • 大塚弁護士は「新進気鋭の若手弁護士」という設定で、名も「欽也」に改められている。
  • 新進気鋭の若手脚本家、ヴィンセント・ナイトは5年前に華々しく脚本家としてデビューを飾って以来、長いスランプ状態に苦しんでいる。
  • 編者は今西錦司で、本人のほかに河合雅雄や伊谷純一郎など当時の新進気鋭の若手動物生態学者が執筆を行っている。
  • 前年の優駿牝馬をカネヒムロで制するなど新進気鋭の若手騎手として期待されていた岡部幸雄が騎乗してのデビュー戦を、後方待機策で2馬身半差という内容で快勝し、早速素質の高さを見せた。
  • 新進気鋭の若手弁護士・高岡淳平は「セントラル・ロー・オフィス」の広告塔として常勝を続けていた。
  • オーケストラ活動にとどまらず、ソロ・室内楽公演の他、国内主要オーケストラへの客演等、幅広く活躍する新進気鋭の若手奏者である。
  • コレラ菌を巡るスノーやコッホとの論争においては、当時すでに医化学界の重鎮であったペッテンコーファーを権威主義者と位置づけ、これに対する市井の一開業医や、新進気鋭の若手研究者という対立の構図で、いわば「敵役」として描かれることも多い。
  • 現役の研究者にも、ロナルド・エヴァンス、フレッド・ゲージ、トニー・ハンターなど、ノーベル賞の候補に常に挙げられる科学者から、新進気鋭の若手まで揃っており、人材に事欠かない。
  • そのハイ・デシベルなスレッショルドにより、新進気鋭の若手ミュージシャンや、モンキーズ、エリック・バードン、アリス・クーパーなどといった、当時の有名ロック・ミュージシャンの間で高い人気を博した。