新進気鋭の作曲家

4 の用例 (0.00 秒)
  • 主役の座を巡って三条たちと熾烈な戦いが起きるかと思えば、新進気鋭の作曲家・花沢類に想いを寄せたりする様を、ミュージカル仕立てで描いている。
  • 世紀の変わり目に、当時新進気鋭の作曲家アレクサンダー・ツェムリンスキーに入門し、歌曲の作曲を開始する。
  • こうしてソンゾーニョ社は目論見通り、新進気鋭の作曲家マスカーニの発掘に成功し、『カヴァレリア・ルスティカーナ』から莫大な利益を得ることに成功した。
  • 新進気鋭の作曲家および指揮者として、マーラー自身がどこかしら「学生」と「マイスター」のはざまにいて、技能を磨き、偉大な巨匠から学びながら、実際に数々の都市を遍歴したからである。