新進気鋭

229 の用例 (0.00 秒)
  • 夏美は、中等部以来の友達から新進気鋭の弁護士の顔になって説明した。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • その10人の中には新進気鋭の空手家、ジョー・ルイスも含まれていた。
  • 賞の目的は「新進気鋭の、資産に乏しい作家を表彰する」こととされた。
  • また、石・アートを設立し、新進気鋭の実業家としても活躍している。
  • 少女は、世界的に注目される新進気鋭のアーティスト・望月ひなただった。
  • 新進気鋭の詩人として注目を集めていたヴェルレーヌの元に、一通の手紙が届く。
  • それらの作品には才気があふれていて、はやくも彼は新進気鋭の写真家である。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(8)』より引用
  • 彼が痔の診察を受けたのは後にも先にも新進気鋭の画家として世人の注目を浴び始めた二十六歳の冬のただ一度しかない。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • 彼女の演技は新進気鋭の映画監督等から注目されている。
  • 現在は新進気鋭の若手エッセイマンガ家として多誌で連載している。
  • 新進気鋭の研究だけではなく、従来から続く古典的な人工知能のプロジェクトに従事するグループもある。
  • 選手生活の晩年には新進気鋭のネストル・ゴロシートの良き助言者となった。
  • ぼくは彼がまだ新進気鋭と言われてるときに、詩集の装幀そうていをしてもらったのが縁で知り合ったんだ。 勝目梓『女王蜂の身代金』より引用
  • 虚子からは前田普羅と肩を並べる新進気鋭の逸材であると称賛されていた。
  • 御前山が新進気鋭の天才でも、仁王山の破壊的な突進力にはかなわないと見られたのである。 もりたなるお『土俵に棲む鬼 相撲小説集』より引用
  • 片柳新進リーダーシップ賞は、新進気鋭の傑出した研究者に授与される。
  • とくに新進気鋭のものに推進論者が多かった。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 新進気鋭の演出家、粟國安彦を起用した数々の公演で新時代を築く。
  • 秋山は新進気鋭として彼らを追ってゆくようになった。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(1)』より引用
  • この賞は、「優れた物語世界の精神を継承する新進気鋭の作家および作品に贈られる」とされている。
  • 次へ »

新進気鋭 の使われ方