新聞の切り抜き

209 の用例 (0.00 秒)
  • 机のなかに手を入れると新聞の切り抜きがたくさんあることに気づいた。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • ジェームズ卿は机の所に行って小さな新聞の切り抜きを持って戻って来た。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 十津川は、例の五通の手紙と、一枚の新聞の切り抜きを読み返してみた。 西村京太郎『北緯四三度からの死の予告』より引用
  • わたしはテーブルの上に置かれた新聞の切り抜きに視線を走らせた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 那覇に帰って来ると豊城が新聞の切り抜きを持って小笠原を待っていた。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • 帯の間にはさんだままにしておいた新聞の切り抜きが胸を焼くようだった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 新聞の切り抜きを貼りつけた手紙など目立つに決まっているのに、です。 赤川次郎『幽霊列車』より引用
  • 耕助があわてて膝のうえから拾いあげると、それは新聞の切り抜きであった。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 上』より引用
  • 新聞の切り抜きには飛び下り自殺した生徒の事件が書かれていた。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 隠密警官はコートの内のポケットから新聞の切り抜きを取り出した。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • 石川の示したところに、ずっと紙色の新しい新聞の切り抜きが貼ってあった。 半村良『石の血脈』より引用
  • 箱の内面には制作日に制作地で入手した新聞の切り抜きが貼られることが多い。
  • それは雑誌や新聞の切り抜きのほとんどを読んで、命名・分類したぼくの結論だった。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • どうやらそれには事件に関する新聞の切り抜きなどがファイルされているようだ。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 愛子は新聞の切り抜きから顔を上げ、また仏壇の夫の写真を見つめた。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 大きな事務机の上には、新聞の切り抜きがうず高く積まれているのであった。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • この新聞の切り抜きを、わざわざコピーして緑川は持ってきてくれた。 林真理子『最終便に間に合えば』より引用
  • 手紙に同封された新聞の切り抜きには、新聞名も日づけも書かれていなかった。 チャペック/樹下節訳『山椒魚戦争』より引用
  • しかし他の新聞の切り抜きを捨ててしまったのに、なぜだかこの記事だけは捨てられなかった。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 当時、事件を報じた新聞の切り抜きや、被害者の顔写真などが、入っていた。 西村京太郎『謎と殺意の田沢湖線』より引用
  • 次へ »

新聞の切り抜き の使われ方