新羅系渡来

17 の例文 (0.00 秒)
  • すなわち、佐々木源氏ともいわれる近江におこった源氏は、新羅系渡来人から出た者だったのである。
  • しかし、私にいわせるならば、それが「日本の神」であることにちがいはないけれども、それはあとからそこへ入って来た新羅系渡来の者と、先住の高句麗系の者との葛藤から生じたものではなかったかと思われる。 ...
  • まだ摂津がつづくが、新羅系渡来の難波吉士氏のことをみたついでに、難波における新羅系のそれをもう少しみることにする。
  • しかしにもかかわらず、新羅系渡来の秦河勝を祭った大避神社に墓があるその児島高徳もまた、新羅系渡来人集団の象徴であった天日槍から出ているというのがおもしろいので紹介した。 ...
  • 「秦の地」ということを意味した幡羅郡ばかりでなく、男衾郡、比企郡などにしても同様で、北関東のここもまた同じ新羅系渡来の吉士氏族が展開したところであった。 ...
  • 新羅にしてもそのもとは「新しい国」ということであったから、新羅系渡来人の住みついたところとみられる中心地が、新羅=白髭だったとしてもふしぎはない。 ...
  • それからまた、そのさきの泉佐野市には新羅系渡来氏族である日根造の祖神を祭った日根神社があり、さらにまた貝塚市はこれも新羅系のそれだった近義首の近義郷のあったところだったが、それらはどれも省略ということにするよりほかなかった。 ...
  • 新羅系渡来の金上元らによるその銅の発見によって、日本の年号が和銅となり、はじめて「和銅開珎」なるものができることになったことも、さきにみたとおりである。 ...
  • 三宅氏は数流あるが、石床は新羅系渡来氏族に属し、その系統は新羅王族の天日桙の後裔とされる。 ...
  • 聖徳太子と秦河勝というコンビは、京都・太秦の広隆寺にもみられるものであるが、秦河勝とはいうまでもなく、新羅系渡来氏族のそれである。 ...
  • ということは、佐々木氏も書いているように、それらの古墳は「江の川を遡って三次盆地に住みついた」新羅系渡来人の築いたものであったということをものがたるものにほかならなかった。 ...
  • 泉佐野市の日根野に展開していた新羅系渡来の日野氏族などを別にすると、和泉・河内には百済、高句麗系渡来氏族が「目白押しとなっていた」ことを私は本文に書いたが、しかし、和泉にもそんな信太寺のような寺院があったとは知らなかったものだった。 ...
  • さきにみた韓泊と関連があるのかどうか、加古川市の木村には新羅系渡来豪族の秦河勝が建立したという泊神社があったが、それはおいて、私たちは同市北在家の鶴林寺にいたった。 ...
  • 新羅系渡来氏族の秦上社であった伊居太神社境内にある猪名津彦神社の猪名津彦も、もしかするとそれから出たものではなかったか。 ...
  • なかに、「竹原氏 竹原村竹原 新羅帰化族」とあったはずで、すなわちいま美杉村の竹原にあるこの竹原神社は、その新羅系渡来人であった竹原氏族の氏神だったのである。 ...
  • してみると、新羅系渡来氏族であった秦氏の上社、伊居太神社境内にある猪名津彦神社の猪名津彦というのも、もしかしたらその猪名部から出たものではなかったか。 ...