新田先生

596 の用例 (0.00 秒)
  • 外に応接室がなかったので、新田先生はここへ案内されたわけであった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • この新田先生というのは、千二少年の組に理科を教えていた先生である。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 確かに新田先生が目覚めればかなり大変なことになることは予想できる。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 今のうちだと思って、新田先生は、しきりに勉強をしているわけだった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 博士が、出ていって、部屋には、新田先生と千二との二人きりになった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 今も新田先生と千二少年の前に、その丸木がうそぶいて立っているのだ。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 新田先生は、これ以上博士を動かすことは出来ないと知って、涙が出た。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 話しおわって、新田先生は、ここぞと思って博士に重大な質問を放った。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 新田先生は、そう言って、自分の席を立上ると、博士の机の前へいった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 地下階段のまん中に立って、新田先生は、ずっと前のことを思い出した。 海野十三『火星兵団』より引用
  • それがなぜ大事件になるのか、新田先生には、わけがわからなかった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 千二少年は、新田先生のあたまの働きに、すっかり感心してしまった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 新田先生は、そんな相談をかけられても、返事をすることは出来ない。 海野十三『火星兵団』より引用
  • きっと学園長を通して新田先生達には連絡がいっているだろう。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 新田先生と千二少年とは、声をのんで、じっと足音のする頭上を見上げた。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 隣では宮崎さんと綾瀬さんがどうしたものかと新田先生を見下ろしている。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 新田先生は、何よりもまず、そのことを聞かずにはおられなかった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • それを聞いていた新田先生は、いみありげに、蟻田博士の方へ顔を向けた。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 新田先生は、丸木が千二君を捕えたのは殺すつもりだったと思っていたのだ。 海野十三『火星兵団』より引用
  • と、先頭に立ってさけんでいる声に、新田先生は聞きおぼえがあった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 次へ »