新潟国体

34 の用例 (0.00 秒)
  • 新潟国体とは新潟県を主会場として開催される国民体育大会である。
  • 柔道が盛んであり、2009年の新潟国体の柔道開催地として選ばれている。
  • また9月のトキめき新潟国体では高校野球の試合会場となった。
  • これは1964年年に行われた新潟国体で、当時の巻町がホッケーの開催会場となったことに端を発するものである。
  • 新潟大火によって大きな打撃を受けた新潟市民だが、次の大目標となった先述の新潟国体に向けて邁進していく。
  • また国体京都府選抜に選出されてトキめき新潟国体に出場した。
  • この年は新潟国体が4日前まで開催されていたが、夏季大会はこの地震の影響で復旧作業を優先することになったことから、開催取りやめとなった。
  • なお翌1964年の新潟国体も制し連覇を達成しているが、地元開催の1967年大会は名古屋相互銀行に敗れ準優勝に終わっている。
  • また2009年に開催されたトキめき新潟国体では、軟式野球競技のメイン会場となった。
  • 県内のカヌー部では正徳館高校、新潟市立万代高等学校と本校のみに設置されており、2009年に行われた新潟国体の強化校指定を受けている。
  • 新潟駅周辺のうち、北側の万代口周辺は1958年の新潟駅移転後から開発が一気に進み、1964年の新潟国体までの間に急速に市街地化した。
  • 前年に続く連覇の期待がかかった新潟国体も安定したプットを見せるものの17m17で4位となった。
  • さらに1964年開催の新潟国体を前に中心市街地のイメージを向上させる必要が生じたことなどから、1960年を前後して相次いで埋め立てられた。
  • 旧駅舎時代の市街地は現・流作場五差路付近が南端だったが、1958年の新潟駅移転後は開発が一気に進み、1964年の新潟国体までの間に急速に市街地化した。
  • 旧駅舎時代の市街地は現在の流作場五差路付近が南端だったが、1958年の新潟駅移転後は開発が一気に進み、1964年の新潟国体までの間に急速に市街地化した。
  • 新潟市立高志高等学校時代の2009年高校3年時の地元開催トキめき新潟国体新潟県代表メンバー。
  • なお、当駅伝は2004年を以って終了となったが、新潟県では2009年に新潟国体を控えていることもあり、引き続き陸上競技大会の開催を検討していた。
  • 入部後は第19回新潟国体での優勝を目指し厳しい練習に打ち込んだものの、8月開催を前に新潟地震が発生し、水泳競技はやむを得ず中止となり、水球競技も行われることはなかった。
  • これを機に焼失地域の再建が始まり、1964年の新潟国体を控え、商店街をあげて大会を盛り上げようと意気が上がり、大成功に終わった。
  • 新潟国体の公開競技として行われた成人女子の部で、金田洋世・村上めぐみペアが優勝を飾った。
  • 次へ »

新潟国体 の使われ方