新日本建設

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • この条項を承諾し、より良い平和を愛好する新日本建設を開始するよう我等は慫慂するものである。 ...
  • 自由平等、博愛、民主主義、新日本建設などという習字を、よく書かされたような記憶がある。 ...
  • 同校は創立者の吉氷貫一が、女性の育成が新日本建設の基であると志し「至誠一貫」を建学の精神として設立した学校である。 ...
  • 「要領」にもとづいて、社会教育連合会編の『新日本建設の道』といった書籍も出版された。 ...
  • 顧みまするに、ここ数年間文芸の活動は殆ど封鎖拘束せられ自ら批判を失ひ、従つて作家生活も頗る不振の状態にありましたが、戦争の終結と共に文芸の再興は新日本建設途上に欠くことの出来ない重要条件となつて来たのであります。 ...
  • 然れども公が新日本建設者の一人として優勝特絶の地歩を占むる所以は、言ふまでもなく立憲政治の創設を大成したるに在り。 ...
  • 新日本建設株式会社は、千葉県千葉市美浜区に本社を置く建設会社および不動産会社である。 ...
  • 支障の第一原因はバラケツで、主将代理の立場にありながら、何かというと、 「新日本建設は食用蛙から」 なんてことをいって消えてしまうのだ。 ...
  • 橘が1929年11月23日に設立した愛郷会の活動の一環として「新日本建設の闘士」を養成することを目的として設立した私塾で、教師に林正三、後藤圀彦などを招き、「愛郷主義」を唱えた。 ...
  • 祖国日本は、時に利なく敗戦の恥辱にまみれましたが、かくなる上は、新日本建設のため、全霊をなげうち努力する所存でございます。 ...
  • 戦後、中村梅吉・犬養健・小泉純也・野田武夫らと若手議員主体の「新日本建設調査会」を結成するが、のちに日本進歩党結成に合流する。 ...
  • 戦後、昭和天皇は1946年1月1日の年頭詔書により、「天皇の神格性」や「世界ヲ支配スベキ運命」などを否定し、「新日本建設への希望」を述べた。
  • 朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
  • 都市基盤整備公団が発注し、清水建設、大林組、新日本建設によるジョイント・ベンチャーによって建設工事が行われた。 ...
  • 朕は、日本國民の總意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、樞密顧問の諮詢及び帝國憲法第七十三條による帝國議會の議決を經た帝國憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
  • 主な施工としては共同企業体による運用が多く、施工者は竹中工務店、大林組、京成建設、新日本建設、奥村組、戸田建設、前田建設工業、大木建設、三井住友建設、清水建設、鹿島建設、大成建設、フジタ、日新建設、森建設、旭建設、フドウ建設、アイサワ工業、新日本製鐵などが携わっている。 ...
  • 新日本建設株式会社取締役常務執行役員。 ...