新手

全て 名詞
985 の例文 (0.01 秒)
  • するとまた新手あらての加勢が三十人ほど駈けつけて敵は五十人ほどになった。 ...
  • いつまた新手の戦略を用いて攻撃をしかけてくるかわからないからだ。 ...
  • この新手あらての敵が決して摩訶まか不思議なものではないことはもう明らかだった。 ...
  • だがこの新手法を採用すれば、完全指紋に復元できるのではあるまいか。 ...
  • しかし、当時はそれに代わる新手法が見つからないでいた時期であった。 ...
  • だから、一つ又一つと苦心をして新手あらての方法を考えなければならない。 ...
  • また、データベースにない新手を指されると対応しきれないことが多い。 ...
  • 新手の上陸隊がここへやって来るのに、どれ程の時間がかかると思う?
  • 新手あらての敵と戦おうとして向き直った私は、かなり気が軽くなっていた。 ...
  • そこに新手の客が入ったと見えて、賑やかな三味線の音がしはじめた。 ...
  • 乗せてもらう背中を何度も変え、いつも交代を待ちわびる新手がいた。 ...
  • 女たちは一夜毎に新手が来るからいいが、迎える男には交代がない。 ...
  • このように、升田は最後の最後まで新手を出現させた人生であった。
  • ま、新手あらてのように見えるが江戸の昔の花魁おいらん作戦と同じことであろう。 ...
  • もしそれが本当なら私の視界にまた新手の語り手が加わったということになります。 ...
  • それだけの数の侍が新手となってまた、ひとつ谷へ真っ黒に降りた。 ...
  • 勢いに乗る赤穂勢も、無限とも思える新手の出現に、さすがに疲労した。 ...
  • 次へ