新光証券株式会社

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 旧みずほ証券の最後の社長であり、新光証券の吸収合併に伴い発足した現・みずほ証券では初代社長に横滑りした。 ...
  • 旧新光証券との合併前は、ホールセール特化型で店舗を持たず、本社・本店のみの構成となっていたが、合併後は旧新光の店舗が営業拠点として活動する事となった。 ...
  • 企業規模としては旧みずほ証券のほうが大きかったものの、上場維持を理由として旧新光証券を存続会社とし、消滅会社の商号が合併会社の社名となっている。 ...
  • 新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 ...
  • 新光証券株式会社は、日本の証券会社であるみずほ証券株式会社の旧商号。
  • 本合併により、統一金融機関コードは新光証券側を、SWIFTコードはみずほ証券側を継承した。 ...
  • 投資銀行業務をグローバルに展開するに当たって、銀行だけでは制約があるためみずほ証券、旧興銀系の新光証券を合併して新・みずほ証券への筋道をつくった。 ...
  • 当初は新光証券がスポンサーで、合併、商号変更を経て、みずほ証券がスポンサーとなる。
  • 当初発表された新会社の役員構成、本店所在地および合併比率は旧みずほ証券に有利なものとなっていたが、見直し後の合併比率は2009年3月末の1株あたり純資産額比でみると若干新光証券株主に対して有利な比率となった。 ...
  • 新光証券が上場会社であるため、存続会社は同社とし、合併後に新光証券株式会社からみずほ証券株式会社に社名を変更した。 ...
  • 新光証券が上場会社であるため、存続会社は同社とし、合併後に新光証券株式会社からみずほ証券株式会社に社名を変更した。 ...
  • 新日本証券と和光証券が合併して誕生した新光証券の設立を主導し、同社の旧みずほ証券との合併を成功裏にまとめ上げ、みずほ証券発足の際には代表取締役会長に就任したが、2011年6月の株主総会を以って顧問に退いた。 ...
  • 番組開始から2009年3月までは、新光証券の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。 ...
  • 新光証券に吸収合併される前の旧みずほ証券は、機関投資家を専門とする証券会社であったことから、「ホールセール証券」と称され、それに対し個人投資家を扱うということで、新光証券やみずほインベスターズ証券を「リテール証券」としていた。 ...
  • みずほ信託銀行が取った手法同様、上場維持の観点から、新光証券を存続会社とし、商号を「みずほ証券株式会社」に変更したため、みずほ証券の法人格は消滅した。 ...
  • みずほ証券は、2009年5月にみずほFGでホールセール部門を手がける証券会社であった旧みずほ証券と、旧日本興業銀行グループで準大手の新光証券の合併により誕生した。 ...
  • ただし、サブプライムローン問題に伴うみずほ証券の損失のため、合併は度々延期されていたが、2009年5月7日に、法人格上、新光証券がみずほ証券を吸収する形で、現在のみずほ証券が発足。 ...