新元号

32 の用例 (0.00 秒)
  • しかし実際の新元号は「昭和」となったため、東日の特ダネは大誤報となった。
  • と言いながら新元号「平成」を墨書した台紙を示す姿は、新時代の象徴とされた。
  • 新元号を墨書する場所は、予め同官房内政審議室の会議室と決められていた。
  • この報道の情報は新元号を決定するための枢密院会議に参加した者からもたらされたといわれているが、定かではない。
  • しかしその一方では東晋の新元号・大興を使わず、西晋の元号・建興を使い続けた。
  • また、「平成」の新元号の提案者であると言われている。
  • 昭和天皇崩御の後の御代がわりの際には「平成」の新元号が滞りなく定められた。
  • そして、新元号は、閣議において、改元の政令の決定という形で決められる。
  • 新元号の発表は、国民的な注目を集めていたこともあり、小渕は「平成おじさん」として広く知られるようになった。
  • それに代わって「久寿」が新元号として定められたと言う。
  • 記者発表の20分ほど前、「平成」と鉛筆で書かれた紙片を渡され、新元号名を知る。
  • 来るべく天皇崩御に備え、内閣は新元号の名称を検討しており、マスコミに「平成」の名称をスクープされぬよう徹底していた。
  • 将軍足利義稙の強い政治的関与があった改元であるとされ、改元の上卿・実施日、更には新元号に「明」の字を用いることまで干渉したと伝えられている。
  • なおこの際、東京日日新聞が「新元号は光文」と誤報した。
  • 昭和天皇が崩御した1989年1月7日には夕方の『JNN報道特別番組』に出演し、新元号に「平成」が決まったことなどを伝えた。
  • 日本の場合、明朝や清朝とは異なり、君主が交代した日にすぐ新元号を適用する「即日改元」が実施された。
  • 国土の大きい中国の場合、布告の周知徹底には時間が長引くため、新元号の発表と同時に全土で改元を実施することは困難であり、4が現実に即していた。
  • そのため、先帝崩御日と天皇誕生日または先帝誕生日が近接していると法改正が間に合わない可能性があり、7月30日以降が新元号となる大正元年は大正天皇誕生日の8月31日まで法改正が間に合わなかった。
  • また、改元が実施された際には、朝廷より将軍・管領の下への改元詔書の到達を受けて、将軍の吉書始と管領の沙汰始が実施されることで初めて武家における新元号の使用が開始されるものとされ、公武両者の齟齬を避けるために武家側での新元号の開始まで公家の室町殿への参上が控えられた。
  • なお、昭和から平成へと元号が変わる際には、東京日日新聞の後身の毎日新聞は新元号を他社に先んじて掲載することに躍起になっており、事実1989年1月7日の夕刊3版では全国紙で唯一「平成」の文字が掲載された。
  • 次へ »