新一宮駅

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • かつては新一宮駅からの名古屋空港行き特急バスの受託を行っていた。 ...
  • また、新一宮駅 - 常滑駅間の上りにも快速急行が3本新設された。 ...
  • その後、金山駅発着の常滑線への普通列車を延長する形で新一宮駅から運行する列車も設定されていた。 ...
  • 名岐線で最後に開通したのは新一宮駅- 新笠松駅間で、1935年のことである。 ...
  • 西側の島式ホーム2面3線が新一宮駅構内で東側のホームは国鉄尾張一宮駅。 ...
  • 名岐鉄道名岐線の新一宮駅から新岐阜駅までの区間が1935年に開通したが、同区間が全通する以前は名古屋と岐阜を結ぶ路線でもあった。 ...
  • 新一宮駅と国鉄の尾張一宮駅へは、徒歩7 - 10分程度の距離であった。 ...
  • この高架事業によりできた新一宮駅の旧プラットホームのスペースを利用して、3ヶ所のバスターミナルを統合した、新一宮駅バスターミナルが開設される。 ...
  • 当時は、名古屋側のターミナルであった柳橋駅から新一宮駅までと木曽川線を直通する急行が運転され、この乗客は終点の木曽川橋駅から木曽川対岸の笠松駅までを徒歩で移動し、そこから再び鉄道で岐阜方面へと向かう、という方式がとられていた。 ...
  • しかし1928年に現在の名古屋本線の北部に当たる枇杷島橋駅 - 新一宮駅間が名岐線として全通すると、距離的に短いそちらのルートが本線とされたため、一宮線の岩倉駅 - 東一宮駅間は衰退を見せることになった。 ...
  • 中間改札もなく、両駅は尾張一宮駅上下線ホームと新一宮駅名古屋本線ホームとを結ぶ跨線橋と、尾張一宮駅下り線ホームと新一宮駅両ホームとを結ぶ地下道によって繋がっていた。 ...
  • 一宮のバスターミナルは、旧東一宮駅前と尾張一宮駅前、新一宮駅西口の3ヶ所に分散していた。 ...
  • 使用車両は800列車が3500系の8両編成、新一宮駅始発系統が1800・1850系の2両編成で、1996年4月改正以降は新一宮駅始発系統が4両に増強されたため、1800・1850系に加えて、3500系も使用された。 ...
  • 犬山線の上小田井駅以北と名古屋駅のアクセスは鶴舞線直通により対処できたものの、犬山線残存区間、名古屋本線栄生駅 - 新一宮駅間と津島線は、9月13日22時頃まで運休した。 ...
  • かつては、稲沢駅、新一宮駅、新名古屋駅、森上駅、中村公園駅、勝幡駅、津島駅方面や市内を循環するバスも存在した。 ...