新しい地層

31 の用例 (0.00 秒)
  • そこで、肉眼による観察以外の新しい地層分析の技術が求められている。
  • また、この上の新しい地層からはスクレイパーなどの石器が発見された。
  • 南部の沖積層は、約1万年前以降にできた比較的新しい地層である。
  • これらと共に見つかった精巧に磨かれた槍先は新しい地層から出てきた可能性がある。
  • 一方で、バージェス頁岩累層より新しい地層からの出土はほとんど無い。
  • このため個々の地塊の中では北部ほど新しい地層であるが、全体としては南部ほど新しい地層となっている。
  • なぜならば、新しい地層ほど保持され利用可能であることにより化石記録がどれくらい強く偏っているか、不確実であると考えられているためである。
  • 表土は最も古い岐阜県・長野県付近でも約2億4000万年前のもので、地質学的に見ても新しい地層である。
  • 中心から離れるにつれて次第に新しい地層になっているようなアンチフォームが背斜である。
  • チャート層が形成された後に地層が陸化し、再び沈降して新しい地層がその上に積もり不整合ができたと考えられる。
  • 北側の古い地層である秩父帯または三宝山帯と、南側の新しい地層である四万十層群北帯との境界をなしており、犬吠埼付近に始まり中央構造線の南側に沿うようにして南西日本を縦断し南西諸島にまで続いている。
  • 沖積層は地質学的に最も新しい地層である。
  • 西南日本東北日本の基盤となる地質構造を全体的に見ると、西から東に行くにつれ、順に形成年代の新しい地層へと移り変わってゆく。
  • 端的に言えば、古い地層でできた本州の中央をU字型の溝が南北に走り、その溝に新しい地層が溜まっている地域である。
  • 西南日本と東北日本の間の新しい地層をフォッサマグナといい、西縁は糸魚川静岡構造線、東縁は新発田小出構造線と柏崎千葉構造線で、この構造線の両側では全く異なる時代の地層が接している。
  • 西南日本の基盤となる地質構造を全体的に見ると、北西から南東に行くにつれ、順に形成年代の新しい地層へと移り変わってゆく。
  • 中間の地層からもクジラの化石が発見されているが、最も新しい地層は約3900万年前に堆積し、この地層からは浅瀬に棲む動物の化石が多数発見されている。
  • この山塊は後述のように、フォッサマグナが開いてから再び閉じる間に西南日本か東北日本から切り離されて、フォッサマグナの新しい地層とともに圧縮され一体化したものと考えられている。
  • 水や空気が多く含まれ土壌粒子の固結が弱い柔らかい地層ほど、また新しい地層であるほど揺れが増幅され、一般的には軟弱地盤と呼ばれるような平野部や河川沿いや埋め立て地が揺れやすい傾向にあるが、地盤改良や基礎方式によって揺れを低減することが可能である。
  • これは断層運動による破砕や沈降の影響や、日本海形成が始まって以降長期にわたって海面下に没し新しい地層に厚く覆われた影響が考えられる。
  • 次へ »