斯道

全て 名詞
120 の例文 (0.00 秒)
  • その評判を聞いて斯道しどうの専門家達がはるばる都から観に来たくらいである。 ...
  • 先生は年こそ私よりお若いが、斯道しどうでは文句なく先輩格といってよい。 ...
  • 九華は斯道では大分苦労をしてゐるので、本行と来ては普通の俳優以上。 ...
  • 重要な文献を残したことで知られる烏斯道もまた慶元出身であった。 ...
  • 幾十百の斯道の殉教者が血に血をついだ作品なのである。 ...
  • あたかもよし金田一耕助という斯道しどうの天才が来合わせているのである。 ...
  • 女子の斯道にもこんな大先輩があったらと羨ましく思われる。 ...
  • 心ばかりは、何かと斯道しどうのために尽くしたいものであると思いおる次第であります。 ...
  • ちゝ御蔭おかげで、代助は多少斯道このみち好悪こうおてる様になつてゐた。 ...
  • もっとも、同じことがすでに烏斯道による春草斎集でなされている。 ...
  • もっとも、後に述べる烏斯道の言からは声教広被図が清濬の地図よりも新しい可能性もある。 ...
  • 斯道しどうをきわめた者だけが、間合の取り方ひとつにも滋味を見出みいだし得るのである。 ...
  • 故人は戦前戦後をつうじて四十年近く、斯道一本にうちこんできた人であった。 ...
  • 尾張おわり連浜主むらじはまぬしはわが朝に初めて笛をひろめた人で斯道の開祖として仰がれている。 ...
  • これによって「斯道」はいよいよ明大になって完成した。 ...
  • しかし斯道しどうの人たちは、こんなつまらないことで眉をひそめるような人たちではなく、彼らだけが法院長に口をきいたのである。 ...
  • 製作したのは永年斯道に尽瘁された山本国蔵氏の技による。 ...
  • 次へ