斯界

全て 名詞
122 の例文 (0.00 秒)
  • この絵は、現存六十翁の斯界の先達が、壮年のころに執筆した大作だつたといふことである。 ...
  • 山崎直方博士の白馬岳の氷河遺跡に関する講演が斯界に投げられた種となったのであった。 ...
  • 特に能楽研究の分野では膨大な史料を分析的に使う手法と卓抜した創見で斯界に一時代を画した。 ...
  • 私は早晩それを一書に編成する事を期し、ひいてはこれを印刷に附しいささか斯界に貢献したいと願念している。 ...
  • これを契機に、斯界ではEBPやEBSWの検討や是非などについて言及する議論が始まっている。 ...
  • 以降多数のピンク映画を手がけ、その作家性と演出力によって高橋伴明、渡辺護らとともに斯界を代表する監督となる。 ...
  • このジョン・ミルン教授は日本地震学会を創設した斯界しかいの恩人だ。 ...
  • 詩歌懇話会が多少とも斯界に貢献するところがあつたとすれば、これは一に先生の此の意気此の迫力のお蔭と云はねばなりません。 ...
  • 追放解除の頃には肺結核が悪化、斯界から引退した。 ...
  • その評論批判は斯界の注目を惹き、古美術に造詣が深く、美術骨董界に貢献した。 ...
  • 尊大な、いやなタイプではなかったし、こういう軽薄なのが斯界しかい泰斗たいとであるというのも面白いが、どこか不愉快な気分が残った。 ...
  • ハワイの興行プロモーターで、日米の橋渡しも果たした斯界の大物として知られる。 ...
  • 斯界しかいでの名もあがった。 ...
  • それまでの業績に対して、1980年には斯界において最も権威のある賞とされる「国際アンデルセン賞・画家賞」を受賞。 ...
  • その中でも特に古銭に精しく斯界での大家であった。 ...
  • この判決は当時の日本の電気工事業界の常識と相容れないもので、斯界を大きく揺るがした。 ...
  • 幸田カエデは最近、新進気鋭の書道家として斯界しかいの注目を集めている女だが、そうでなくても高校時代から注目の的だった。 ...
  • 次へ