斯界の権威

12 の例文 (0.00 秒)
  • そういう斯界しかいの権威ともなれば、新種情報はこまかく入ってくるだろう。 ...
  • アカデミズムでは、自分の論文が斯界の権威ある学術雑誌で引用されていればされているほどその研究者が価値のある存在として扱われるという風習がある。 ...
  • それは別として、問題の電気試験所には強電部門と弱電部門の二つの研究部門があり、斯界の権威を網羅した日本の電気・通信工学のメッカとして君臨する巨大研究組織であった。 ...
  • なお斯界しかいの権威トーテンコップ博士の鑑定書を同封します。 ...
  • 出席者は陸軍の関係者、海軍のロケット誘導爆弾「奮竜」の関係者をはじめ、斯界の権威や著名な技術者が多数参加していた。 ...
  • 残翁の業績は多くの永平寺関連史料を調べていた時に残翁の遺稿を発見した本岡三郎が発起人となって、二冊の著作が刊行されるにいたったが、いずれの書にも斯界の権威らが残翁の業績を称える書評や巻頭言を寄せている。 ...
  • 斯界の権威をもってみずから任じ、象牙の塔にこもって庶民を見くだし、わが国の科学水準の低いのは慨嘆に堪えぬなどと高言している者。 ...
  • 斯界の権威団鬼六は『緊縛大全』の中で、緊縛の原点は「驕慢きようまんの美の破壊」「美に対する人間の復讐心理」と述べている。 ...
  • そして東大工学部航空学科の守谷富次郎教授、東大航空研究所の糸川英夫助教授など斯界の権威を動員、具体化することになった。 ...
  • 四天王寺の伽藍再興には、京大の藤原義一、村田治郎、東大の藤島亥治郎がいじろうといった斯界しかいの権威が諮問委員に名を連ねていた。 ...
  • 天文学に於ても、天文台の早乙女博士をはじめとし関口鯉吉博士、その他天文台の諸氏、並びに東北大の松隅健彦博士や、京大の山本一清博士、神田茂氏など、斯界の権威が相当に多い。 ...