斯界

全て 名詞
122 の例文 (0.00 秒)
  • きっと優秀な翻訳家になって、斯界しかいでもある種の注目をされることでしょう。 ...
  • 書画なども北大路魯山人ら斯界の第一人者から評価を受けることになる。 ...
  • ひょっとして、この船、斯界しかいでは知る人ぞ知るっていう有名人じゃないの?
  • そういう斯界しかいの権威ともなれば、新種情報はこまかく入ってくるだろう。 ...
  • 斯界しかいの大先輩の住む町にうつり住むにあたって、私は挨拶に伺った。 ...
  • しかし小杉さんの目的そのものは、斯界の大々となるも何もない。
  • そして夕陽新聞の古市加十の名は一躍して斯界に轟きわたるのである。 ...
  • さすが斯界の最長老とあって、どの新聞もかなり大きなスペースをさいてその死を伝えた。 ...
  • 三十歳をまだいくらも越していないのに、斯界しかいでは最高の学者の一人として、ひろく知られていた。 ...
  • ことに遺憾なのは先輩にあたる斯界の大家連中の浅薄な臆断である。 ...
  • そしてわが身には、斯界でも屈指のテクニシャンの愛撫が加えられるのだ。 ...
  • 全ての新聞俳句選者で最も若い49歳での就任には、斯界の刷新を期待されている。
  • 断るまでもなく私は政治にも経済学にも疎い人間であり、しかも彼については研究や人物論の刊行されていること、斯界第一であろう。 ...
  • 彼は正しく斯界しかいの権威であると同時に、大恩人でもあった。 ...
  • 足を斯界しかいに投じてまだやつと五年にしかならないのに、世間は俺を一廉の働手にしてしまつた。 ...
  • アカデミズムでは、自分の論文が斯界の権威ある学術雑誌で引用されていればされているほどその研究者が価値のある存在として扱われるという風習がある。 ...
  • 日本への帰国に際して多数の仏典、文献を持ち帰り、斯界の学識経験者として活躍した。 ...
  • 次へ