断然

全て 副詞
1,102 の用例 (0.02 秒)
  • そしてこの際、断然結婚することにしたがよいと思うと二人は約束した。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • 普段はまったく使われていない部屋の方が、きっと断然多いに違いない。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 結婚以前の恋愛詩を断然差押えて出版させなかったのも、彼女であった。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • 自分も断然アンがわるくないと思うし、生徒全部がそう思ってるってね。 モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • だが女の子ふたりと男の子ひとりが断然この車室コムパートメントを占領していた。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • 人より断然鼻のよいホロにすれば実際のところつらいことなのかもしれない。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • でまた私としては、この考え方はたしかに断然正しいことだと思っています。 アプレイウス/呉茂一・国原吉之助訳『黄金のロバ』より引用
  • 御出現の場所はそれでもカトリック教会の本拠地イタリアが断然多い。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • 内大臣も断然不賛成だというのでもないという情報を大将は得ていた。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 君の眼は僕のと同じように燃えることができる、断然できる、僕は見たぞ! アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 断然、その方がよい、と彼は思い定め、気分を軽くしようと努力した。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • そんな点が西行の人気を断然他の歌人よりも高いものにしたのであるらしい。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • 亘が聞いている限りでは、一対十くらいの割合で邦子の方が断然優勢だ。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • それにしたって断然美人なのだからいいじゃないか、と竜児りゅうじは思ってしまうのだが。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第02巻』より引用
  • 女も好きだったが、もう十年この方断然そして全然女に接しないと自ら言っていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 場末の店にしては粒のそろっているほうだが、眼の前にいる人が断然美しい。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • よい人間とは協力すべきだけど、悪いやつらとは断然手を切ってよいのでしょう? 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 彼は或時期からフランス人のブローカー等を断然しりぞけてしまった。 岡本かの子『バットクラス』より引用
  • 即ち私が断然として養子に行きさえせねばよかったのです。 小酒井不木『猫と村正』より引用
  • 事と次第によってはどちらか一方の性を産んだ方が断然有利になる。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 次へ »

断然 で始まる単語