断事観三昧

17 の例文 (0.00 秒)
  • そこで仮にこれを断事観三昧という名をつけたのでござります。 ...
  • で、この四通りに分けて私は今晩断事観三昧に入ってそのるべき道をめようと思う。 ...
  • というのは、私は例の理論上できめられぬことがあると、いつも断事観三昧だんじかんざんまいに入って事をきめるのであります。 ...
  • ソコで仮にこれを断事観三昧という名をつけたのでござります。 ...
  • 普通の考えからいうとどういう困難な道でもまず人家じんかのある方には行かないのがよいのですけれども、しかし人家がないからといって全く道のない所に出てしまってはまた困難な場合に陥るから、とにかくこれまで通り断事観三昧の指示するところに従ってやはり進行したのであります。 ...
  • けれどもしかし、人家がないからといって、全く道のない処に出てしまってはまた困難な場合に陥るから、とにかくこれまでどおりと、断事観三昧の指示するところに従って、やはり進行したのであります。 ...
  • デこの四通りに分けて、私は今晩断事観三昧だんじかんざいまいに入って、その執るべき道をきめようと思う。 ...
  • あるいは東の方の雪のない山を踰えて行こうか知らんと暫く考えに沈むと何とも判定のしようがないから例のごとく断事観三昧だんじかんさんまいに入って決定して行く。 ...
  • そこで私は帰って大蔵大臣の別殿で独り静かに断事観三昧だんじかんさんまいに入って、確かにその一番善い点を発見することにつとめた。 ...
  • ソコで私は帰って大蔵大臣の別殿で独り静かに断事観三昧に入って、確かにその一番善い点を発見することにつとめた。 ...
  • けれども自分が断事観三昧に入ったことと、ガンデン・チー・リンボ・チェに判断してもろうたことが、自分の断定と符節を合わすがごとくであったということだけは、いわなかったです。 ...
  • さて私はいよいよ関門に近づいたのですから、テンバには公道を取ると断言したようなものの、いよいよドウいう方向を取るかということを定むるために、断事観三昧だんじかんざんまいに入らねばならぬことになった。 ...
  • けれども自分が断事観三昧だんじかんさんまいに入った事と、ガンデン・チー・リンボチェに判断して貰うた事が、自分の断定と符節を合わすがごとくであったという事だけは言わなかったです。 ...
  • もしインドへ帰って行ってもこの国に大いなる害が起らないか、あるいは全く害が起らないという見込みが、断事観三昧だんじかんさんまいで立ちますれば私は帰って行きます。 ...
  • しかたがないから、雪の山と山との間でも通って向うにえようか、或いは東の方の雪のない山を踰えて行こうか知らんと、しばらく考えに沈むと、何とも判定のしようがないから、例のごとく断事観三昧だんじかんざんまいに入って決定して行く。 ...
  • もしインドへ帰って行ってもこの国に大いなる害が起らないか、或いは全く害が起らないという見こみが、断事観三昧で立ちますれば、私は帰って行きます。 ...