断乎反対

7 の用例 (0.00 秒)
  • 折から海軍は米内・山本・井上のトリオが中央にあり、断乎反対でテコでも動こうとしなかった。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • それはさておき、現在の場合は、ぼくはとっとと追いやられることに断乎だんこ反対するね。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(下)』より引用
  • 首相がロンドン会議妥結の回訓の裁可を願いでる、その直前に断乎反対を軍令部長が願いでるというのでは、天皇がどう決定してよいか、その判断を迷わせるだけではないか。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • が、まず、信州の山奥には競馬場がないことを知ったカシラが、先祖伝来の土地を離れるわけにはいかないという大義名分をかかげて、断乎反対した。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • それなのに、退役軍人の父親は断乎だんこ反対した。 巖谷大四『懐しき文士たち 昭和篇』より引用
  • 信長は、断乎だんこ反対した。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用
  • こうした経緯の後で靖国神社宮司となった松平永芳は、「国家護持」に「断乎反対」を唱え、次のように述べている。 高橋哲哉『靖国問題』より引用