断乎として拒絶

4 の用例 (0.00 秒)
  • 野枝は今日こそ帰って断乎として拒絶の短い手紙を書こうと自分の心に言いきかせた。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • そして今度の試合に出ることもなかなか承知せず、数回も断乎として拒絶したんだが、新聞がこの問題を取り上げ、彼のスポーツマンにふさわしからぬ拒絶について、大騒ぎを始めるに及んで、やっと承知した訳なんですよ。 クリスティ/松本恵子訳『ザ・ビッグ4』より引用
  • 細川家では、世上のきこえは何とあろうとも、召抱えもせぬ者を、放逐はでき申さぬ、と断乎として拒絶した。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫2) 真田幸村』より引用
  • と、断乎として拒絶した。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫2) 真田幸村』より引用