断るつもり

52 の用例 (0.00 秒)
  • さらに監督予定だったニール・ブロムカンプも「オファーがきても断るつもり」だと述べている。
  • もちろん最後にはきっぱりと断るつもりではいるが、相手がプロポーズしない間は、断ろうにも断れない。 森瑤子『望郷』より引用
  • 到底その役にあらずと断るつもりだったが、ちょうどそのころ「道草」について考えていたものだから、よしこれを成人式にぶつけてみようと思った。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • しかしバルトークはアメリカ海兵隊に志願していた次男ペーテルに送った1945年2月21日付の手紙の中で、プロからではない2名の依頼は断るつもりであり、他の委嘱作も受けない可能性が高いと書いた上で次のように続けている。
  • とはいえ、ほとんど断るつもりだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 34 リトル ホラーズ』より引用
  • ただし、〈貂〉伯が送り込もうとしていたのは庶腹の娘であり、大牙本人も最初から断るつもりだった。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 当初乗り気ではなかった秋山は、依頼を断るつもりで直接ロッテ創業者の重光武雄に会った。
  • こうしてリッチは再び米国政府から取調べを受けるようになったが、フォックスマンはユダヤ系週刊誌『前進』の取材に答えて、リッチから再び献金が受けられるのであれば必ずしも断るつもりはないと発言した。
  • BLは赤字会社だから、たとえ資本提携でも飲み込まれる心配はないものの、河島は救済色の強い資本参加の要請だったら即座に断るつもりでいた。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 山ロヘ帰ると、一応黒田了介の来意を藩主や参政の宇右衛門らに告げ、断るつもりだと言った。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • が、下宿の女将のウイルドハアゲン婆さんは、二人があまり貧弱な風体ふうていをしているので、はじめ部屋を見に来た時から、そう言って断るつもりだったのだ。 牧逸馬『浴槽の花嫁』より引用
  • そう頼まれても、安藤は断るつもりでいた。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 当初この役を断るつもりだったが、原作のファンである孫娘に「お爺ちゃん、ダンブルドア校長役を引き受けなかったら、もう2度と口をきいてあげない」と言われ引き受けたというエピソードが残っている。
  • なんとか断るつもりだった。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 一方、部品供給を断るつもりで佃製作所を訪れた財前は、航平に案内されるままに工場を見学し、その技術の高さに部品受け入れもありうると考えるようになる。
  • ようはもういちど利用されるという話だったが、降っておいた幸運に感謝こそすれ、断るつもりはフィルには毛頭なかった。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • オーディション終了後もオダギリは出演を断るつもりでいたが、髙寺プロデューサーに「あの仮面ライダーではなく、むしろ違うものにしたいと思っているから、力を貸してほしい」と説得されて、引き受けることにした。
  • ちょっと、縁談のある相手ですが、僕はもちろん断るつもりでいるんですが、仲人が、内山の伯母さんだもんだから、ちょっと当人くらいは見ておかないと、ウルサイんでね。 菊池寛『貞操問答』より引用
  • 企画を持ち込まれたときには、そんなひとりしゃべりは素人のわたしには無理だと断るつもりだったのだが、『ドキュメント・ジャパン』の手嶋《 て じま》編集長に強く勧められ、結局出演することになった。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • また、復活後の放送によると、増田は本番組を優先させるために、『オールナイトニッポン』のオファーを断るつもりだったが放送局側から本番組の終了が伝えられたため、『オールナイトニッポン』を引き受けることになったという。
  • 次へ »