断るつもり

52 の用例 (0.00 秒)
  • 本人は断るつもりだったが周囲の薦めで襲名することになったという。
  • 稲右衛門は断るつもりだと石井が思ったとき、背の低い紬の老人は云った。 松本清張『迷走地図(下)』より引用
  • 暗号解読法の手紙を書くとすれば、むろんそのことは断るつもりだったろう。 ドイル/延原謙訳『恐怖の谷』より引用
  • 今度の事件もことわるつもりだったらしいんだけど、わたしの事情で引き受けてもらったの。 小野不由美『悪霊シリーズ 5 悪霊になりたくない!』より引用
  • 誘われているのなら断るつもりは全くないが、野獣のように襲うつもりもない。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 断るつもりはなかったが、ここまで歩いたのだから、いっそのこともうしばらく歩いてみたいような気になっていた。 伊藤たかみ『指輪をはめたい』より引用
  • 彼が少しでも不快そうにみえたら、志乃はそれがどんな玉の輿こしでも断るつもりでいた。 平岩弓枝『ちっちゃなかみさん』より引用
  • おまえまさか、俺の頼みを断るつもりじゃねえだろうなあ? 小川勝己『葬列』より引用
  • まるっきり断るつもりで来たはずが、誉められて思わず話に乗ってしまうのは技術者の悲しい性である。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • だが、結局のところ、私は悟史くんの頼みを断るつもりなどない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • パットは軍に協力するつもりはなく、度重なる出頭要請にしっかりと断るつもりでいた。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • 葉の不安はよく分かるし、彼女の頼みを断るつもりはまったくなかったが、別の意味で裕生は困っていた。 三上延『シャドウテイカー4 リグル・リグル』より引用
  • もちろん昼は断るつもりでいた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 一緒いっしょにどうぞ、なんて誘われたって、いいえお二人で、って断るつもりでいたわよ。 今野緒雪『マリア様がみてる 21 薔薇のミルフィーユ』より引用
  • 竜生は断るつもりでいった。 西風隆介『神の系譜Ⅵ 竜の時間 神国』より引用
  • 当初は断るつもりだったすみれだったが、前の担任が学級経営がうまく行かず、生徒たちに教育者とは思えないような捨て台詞を吐いて去った話を聞いて、3か月の短い間だがやってみようと決意する。
  • 冗談じゃないと即座に断るつもりだった。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • そのために当日の他の丁場は断るつもりだった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 中山君があとでわたしに述懐したことだが、四人の気魄に圧倒されて、断るつもりが断れなくなったそうですよ。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • アイザックスは当初、出演依頼を断るつもりでいたが、いったん脚本を読み出したら止まらなくなり、絶対参加しなければならないという気持ちになったという。
  • 次へ »