断ることができ

44 の用例 (0.00 秒)
  • 仕事はフリーなので、リスクを覚悟すれば嫌な仕事は断ることができる。 山本文緒『結婚願望』より引用
  • 知人を介してやってきたその話は、どうしても断ることができなかった。 馳星周『夜光虫』より引用
  • そして男が「駄目だ」と言えば安心して、その誘いを断ることができた。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 伊三次はお紺の大胆さに気圧され、それ以上、断ることができなかった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • あたしたちが行きたくないと思えば、ペナルティなしに断ることができたのだ。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ01 ダーティペアの大冒険』より引用
  • また領域内の者は王に頼みごとをすることができ、王はそれを断ることができない。
  • どうしても断ることができず、伊三次は渋々引き受けることになった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • ある晩、ラルッセルが仲間たちを連れてくるというのを断ることができなかった。 モーリアック/遠藤周作訳『愛の砂漠』より引用
  • 手をついてたのむ、お道に対して、おしんもこれを断ることができぬ。 池波正太郎『夜明けの星』より引用
  • 優勝した女子に指名された生徒は、そのお誘いを決して断ることができないというルールもあった。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 保証会社の審査を経て保証会社が承認した場合でも貸主は自由に理由をつけて契約を断ることができるようになった。
  • そんなふうに話を運ばれると、百瀬は無下に断ることができない。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • コルが親切心から作ってくれた軟膏を、断ることができるだろうか。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>』より引用
  • 元求婚者たちは、前の約束があるためにこれを断ることができず、トロイア戦争に参加した。
  • でも僕はその女の子の脚が悪いと聞かされたときに、どうしてもその誘いを断ることができなくなってしまった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • 正直言って、どうしたら摩耶の申し出を断ることができるか、そればかりを考えていた。 楡周平『フェイク』より引用
  • それだけに、困って頼ってきた人の頼みをむげに断ることができなかったのだ。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用
  • けれど、うれしそうな和哉の顔を見ていたら、どうしても断ることができなかった。 橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』より引用
  • しかしマザとドウタという言葉を耳にした時から、天吾には彼女の誘いを断ることができなくなった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 私はとても断ることができなかった。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 次へ »