斟酌

全て 名詞
406 の例文 (0.01 秒)
  • この時間では自宅にいるはずであるが、そんなことは斟酌しんしやくしていられない。 ...
  • だけど、ぼくたちにはそんな個人の想いを斟酌している余裕はなかった。 ...
  • 昔の先生は女学生であろうと乙女であろうと斟酌しんしやくせずになぐったものだ。 ...
  • まさかそんなことが、というようなことでも、斟酌しんしゃくせんで考えなさいよ。 ...
  • それから同じ病気でも第一は年齢によって食物を斟酌しんしゃくしなければなりません。 ...
  • もともと相手の気持ちなど斟酌しんしゃくする気もない粗暴そぼうさが感じられた。 ...
  • けれども裁判長にはそれが何の斟酌しんしやくにも値するものでないと思はれた。 ...
  • しかしこれらを斟酌しても本書は日本に於いては破天荒の著書である。 ...
  • 正直に言えばそれだけ斟酌しんしゃくされるだろう、正直さこそ君の最後の頼みの綱なのだ。 ...
  • すこしでも同情したり斟酌しんしゃくしたりできることが、みんなをいい気持にならせたのである。 ...
  • 第四は習慣によっても斟酌を加えなければなりません。 ...
  • いささか同情を表したり斟酌しんしゃくを加えたりできるのが、誰に限らずいい気持だったのである。 ...
  • たとえ、そうと知っていても、斟酌しんしゃくしてくれないかもしれないわ。 ...
  • その光条が、人間などという生き物のことを斟酌しんしやくしているとは思えなかった。 ...
  • 私の衷情を愍み、事情を斟酌して、どうかぜひとも承知してもらいたい。 ...
  • 私は、年少の友に対して、年齢の事などちっとも斟酌しんしゃくせずに交際して来た。 ...
  • そこはお互ひに斟酌しんしゃくした処で先づわれらが叱られた位で適度の処ならんか。 ...
  • 次へ