料簡

全て 名詞
529 の例文 (0.00 秒)
  • お島さんの料簡がどうして急激に変化したのか、僕には想像が付かなかった。 ...
  • そのわけをお妻によく言い聞かせて、当人の料簡りょうけん次第にしたらどうだ。 ...
  • こう、親方の前だがね、つい過般こないだもこの手を食ったよ、料簡りょうけんが悪いのさ。 ...
  • もう経営のことは男の人たちにまかせておいてもいいなどという料簡ではいられないこと。 ...
  • それをはたで見て澄ましている姉の料簡りょうけんも彼には不可思議であった。 ...
  • 幾度云っても同じことで、おれの料簡はおまえ達には判らないのだ。 ...
  • 決して悪い料簡で今のような事をしたのでは無い。 ...
  • 決して悪い料簡で今のやうな事をしたのでは無い。 ...
  • お前はそれで己れの義務、主人の命令を守っている料簡か? ...
  • 奉公人の分際で手前がお嬢さんに思いをかけたのが料簡違いでございました。 ...
  • 玄鬼げんき様はもうその料簡りようけんにならしゃった時に死んでいなさったのじゃ。
  • 大丈夫なら手を離してこの堅いものの上へ立とうと云う料簡りょうけんであった。 ...
  • 彼女は今度の縁談に対する主人の確かな料簡りょうけんを知りたかった。 ...
  • いったいこのひとは、どういう料簡りようけんでイギリスなどへいったんだろう? ...
  • 昨日飯場頭きのうはんばがしら合力ごうりょくを断った時の料簡りょうけんと同じかと云うと、それとも違う。 ...
  • そうして、父の罪を救うのも救わないのもお前の料簡次第であると迫られた。 ...
  • おめえは、お春にそそのかされて、太え料簡りょうけんを起こしたんだろう?
  • 次へ