料理上手

76 の用例 (0.00 秒)
  • 多田くんったらお料理上手じょうずなんだ、あんな特技があるなんて知らなかった! 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 02巻 答えはYES』より引用
  • 小さい頃から料理上手なお母さんを見て、憧れて育ったんですって。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 男の人は料理上手の女は大好きだけど、料理自慢の女は大嫌いなのだ。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • 男が料理上手なのは、独り者だからのような気がしたのだ。 畠中恵『とっても不幸な幸運』より引用
  • 一方で、料理上手で家事もこなすなど家庭的な部分も持ち合わせている。
  • 料理上手でもあった彼女の家は、映画界の人物が好んで訪れる場所でもあったという。
  • バラエティー番組『愛のエプロン』では料理上手という意外な一面をみせた。
  • その意見には僕も同感なのだが、本当に式は板前さんも真っ青なぐらい料理上手なのだ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 私はというと、料理上手な母親の娘にありがちなタイプで、食べるのは好きだけれど作るのは面倒くさくて嫌いだ。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • わたしがいかに料理上手かは、真九郎もよく知るところだ。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 心葉くんのお母さんはお料理上手だとうかがっているので、比べられると恥ずかしいのですけど。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 料理上手だし、嫌味など一度もいったことがなかった。 ハインライン『愛に時間を1』より引用
  • 子供の頃はあまり実感していなかったが、大人になって、料理上手の母親を持った幸せを強く感じるようになった。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 料理上手の彼女のつくる弁当は、お世辞ではなくほんとうにおいしい。 わかつきひかる『AKUMAで少女 02 ~嵐を呼ぶ転校生~』より引用
  • 料理上手な義母の手料理を楽しみに、聡子は自宅とつながった病院へ向かう。 橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』より引用
  • おこん婆さんに、こんな料理上手な娘がおるとは知らなんだ。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 童話とかわいいものが好きで、料理上手の、ごく普通ふつうの女の子だ。 わかつきひかる『AKUMAで少女 01』より引用
  • あなたが、職業的なコックになるつもりがないのだったら、自分が料理上手であることをふれまわってはならない。 石毛直道『食生活を探検する』より引用
  • 女の場合だったら、料理上手は賞賛され、そのお嬢さんなり奥さんの美点にされる。 石毛直道『食生活を探検する』より引用
  • 私はこれを、食通のお料理上手な女友達から教わって、私のレパートリーにしてしまった。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 次へ »

料理上手 の使われ方