料理を取り分け

8 の用例 (0.00 秒)
  • 言ったと同時に腰を下ろし、さっさと料理を取り分けて食べはじめる。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 音もなくレイヴンが近づいてきて、新しい料理を取り分けていく。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • 真は七郎のために肉料理を取り分けているところだった。 泡坂妻夫『喜劇悲奇劇』より引用
  • それ以外は立食と同様に、めいめいが好みの料理を取り分けて、席に戻る。
  • 隣席の老主任は、私が他の出席者たちの話に気を取られたりしていると、実にさり気なく私の小皿に料理を取り分けてくれている。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • 近代以前の日本の住居には、台所にある竈とは別に、調理のほか照明や暖房を兼ねた囲炉裏が用意されることが多く、そこで煮炊きした料理を取り分けて食べる事は日常的に行われていた。
  • さっきから春香はるかちゃん、お料理を取り分けてあげたり口元をいてあげたりしてかいがいしくゆうくんの世話せわを焼いてるし、あまつさえナチュラルにはんぶんことかしてるし〜。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第06巻』より引用
  • 型通りの儀式の後、祝い酒と軽食がふるまわれたものの、立食形式だったせいか、居合わせた人々は小皿に料理を取り分けながら談笑し、銘々、くつろいでいた。 小池真理子『狂王の庭』より引用