斉しき

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • また子供に対する愛情を斉しくしていることも一つの原因であろう。 ...
  • 之は少し専門的な講義をした経験のある人が、斉しく認める処だろうと思う。 ...
  • 国民皆兵であり対象年齢となった者は斉しく徴兵検査を受ける事となる。 ...
  • この意味において余輩は、我らが斉しく天孫民族であることを主張する。 ...
  • さらに宇宙の各処に配置された幹部に対しても、ひとしく誓約書の提出を命じた。 ...
  • 勇美子はその瞳をきっと凝らしたが、道は聞くとひとしく、顔の色を変えた。
  • すると光と物質とはエネルギー一般と斉しく、同一の規定を以て規定されざるを得なくなる。 ...
  • 人々は斉しく彼女の美しさの効果の上に注目した。 ...
  • イデオロギーの諸価値は斉しくこの見えない下部構造から発生して来た枝であった。 ...
  • 報知しらせを聞くとひとしく、むすめは顔の色が変って目がくぼんだ、それなりけり。 ...
  • それでは両者は斉しく空間なる同一なるものの概念内容であるということ以外に直接に如何なる関係に立つのであるか。 ...
  • この点から見ても、数学と哲学とを斉しくイデアの学と見たプラトンには意味がある。 ...
  • これは空中の日の歩みを一つの所にとどめて動くなと望むにひとしい気持であると自嘲した。 ...
  • 本来、あらゆる存在はひとしい価値をもっているというのだ。 ...
  • しかしいずれに従うのも権威に従うのであるから、ひとしく一であるといわねばならぬ。 ...
  • 土中では聞き馴れぬ来訪者の声に、三人がひとしく気だるげな目をあげていた。 ...
  • 鳥もけものひとしく涙を流している涅槃像だけに、質屋にかかっているのは情ない。 ...