文部省唱歌

83 の用例 (0.00 秒)
  • 退職後はかつての教え子の面倒を見たり文部省唱歌の作曲をするなどしていた。
  • 日本の文部省唱歌を編曲したものは、まとめてアルバムも作ったが現在は入手が困難である。
  • 日本民謡や文部省唱歌を演奏・録音したことでも知られる。
  • 当時文部省唱歌は作者名を公表しないことになっていた。
  • この橋から広島港を見て作られた文部省唱歌が、「みなと」である。
  • 文部省唱歌は、西洋音楽の理論で作られたため、長調の曲はすべてドで終わっている。
  • 岡野貞一が作曲家として参加した文部省唱歌の著作権問題は、一般に考えられるよりもはるかに複雑な問題である。
  • これらの楽曲は二十歳くらいの学生さんたちにとっては「文部省唱歌」のようなもので、子どものころからこの季節になるといつも聞かされていたなじみ深い音楽です。 内田樹『寝ながら学べる構造主義』より引用
  • 従来の文部省唱歌同様、発表当時は作者の名前が伏せられていたが、比較的新しかったので作者がはっきりわかる曲が多い。
  • 文部省唱歌は国が著作権をもっていたため、昭和40年代のはじめまでは、届ければ無償で利用できた。
  • 当時は文部省唱歌の「赤とんぼ」などに見られるように、現在で言えば義務教育期間に当たる子どもが、幼い子どもを背負うなどして一日じゅう面倒を見ていた。
  • 文部省唱歌は学校で習うものですから、それが広く歌われたところで、誰ももうかるものはいません。 安野光雅/藤原正彦『世にも美しい日本語入門』より引用
  • この様子は後に文部省唱歌「水師営の会見」として広く歌われた。
  • 校歌等では作曲当時の印刷譜で確認ができるが、文部省唱歌は、合議制で作曲されたという実態があった。
  • 明治時代、当時は珍しい上野楽学校に入学し、日本で初の歌劇公演をする等、 盛んに音楽活動をした人で、その後は数々の文部省唱歌や色々な学校の校歌を作曲したり、 明治大正の音楽教育史を語る上で忘れてはならない人物である山本正夫を曾祖父にもつ山本家の長女として生まれる。
  • この曲は、明治43年に文部省唱歌となった「星の界」、また「星の世界」にも用いられている。
  • なお、1900年代までの翻訳唱歌は「文部省唱歌」に含まれない。
  • しかし、今日出版されている楽譜・音楽書においても、蛍の光を作詞者不詳・文部省唱歌とするものが多い。
  • これらの記述は、無償であった文部省唱歌の作者を捜し、著作権料を作者に支払うようになった過程でH氏の貢献が大きかったことを示す。
  • 文部省唱歌の慣例で作詞者・作曲者が公表されなかった。
  • 次へ »