文明論之概略

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • また、『文明論之概略』においては人間の道徳性と知性の高まりによって自然と精神の高尚さも高められるとも考え、物質的な豊かさとともに文明を形成するとした。 ...
  • これは私の勝手な忖度ではなく、「文明論之概略」の緒言が明らかにしているところだが、本文は緒言を隠し勝ちなものだ。 ...
  • 惟うに、この人間として避けられぬ困難に対し、福沢は、「文明論之概略」を書く時に出会った困難、即ち「一身にして二生を経るが如」き困難に対するのと同じ態度を取った。 ...
  • 前日余が著述したる文明論之概略第六卷の四十二葉に、巨艦大砲は以て巨艦大砲の敵に敵す可くして借金の敵に敵す可らずと云へり。 ...
  • 「学問のすゝめ」や「文明論之概略」が、あれほど読まれたのは、ただ、世人の為に運らされた平易な解説だったが為とは考えられまい。 ...
  • 脱亜思想を示した著作としては、福澤諭吉の『学問のすゝめ』や『文明論之概略』などがある。 ...
  • こうして書かれたのが『西洋事情』『文明論之概略』などの著書であり、イギリス帝国の繁栄の根本を探るという問題意識から、また当時の入手できる書物という点から、自然とホイッグ史観の歴史書に触れることになった。 ...
  • この影響のもと、在野において書かれたのが田口卯吉『日本開化小史』や福澤諭吉『文明論之概略』などである。 ...
  • たとえば、上に挙げた雑誌に断続的に掲載された梁の代表作の一つ「自由書」にはヘンリー・バックルや福澤諭吉、徳富蘇峰の影響が、「新民説」には福沢の『文明論之概略』やの国家有機体説の影響がうかがえる。 ...
  • 彼は、「西洋文明の為に東道の主人と為り」「洋学の実利益を明にせんことを謀り、あらん限りの方便をめぐらす其中にも、凡そ人に語るに、物理の原則を以てして自ら悟らしむるより有力なるはなし」と考えていたが、「学問のすゝめ」は科学方法論ではないし、「文明論之概略」は、新文明説入門でもない。 ...
  • 福沢諭吉は、「文明論之概略」において「其外国交際の法の如きは、権謀術数至らざる所なしと云ふも可なり」と述べている。 ...
  • 福澤諭吉『文明論之概略』とともに在野史学に影響を与え、近代日本史学史上で、明治初期刊の史書の代表作に位置づけられる。 ...
  • 高峰にとっての、青春時代の思想的背景は、『自助論・西国立志伝』であり、『学問のすすめ』であり、そして『文明論之概略』であったろう。 ...
  • いや、『文明論之概略』も『即興詩人』も『赤光しやくこう』も『断腸亭日乗』もみなさうではないか。 ...
  • 福沢諭吉は、早くも1875年の段階で、『文明論之概略』において「自国の独立」を論じ、人民相互の同権とともに外交上の同権を論じており、馬場辰猪は1876年10月、英文でみずから著述した『条約改正論』をロンドンで出版している。 ...