文官分限令

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 文官分限令による処分適用例としては第一号となった。 ...
  • 身分は文官分限令による一時休職とし、渡航費用は実家を頼ることになった。 ...
  • 戸水博士が国家の利益と相反する言動をしたという理由で、文官分限令の規定によって政府が解職したのは少なくとも法的には間違っていない。 ...
  • 戸水は七博士の先頭として対露強硬論を吐いたのは事実だが、それが文官分限令によって休職となるなら、六博士もそれから逃れることはできないと思えたからだ。 ...
  • 神官は文官であるから一般官吏と同じく文官分限令、文官懲戒令が適用されるが、神職は官吏「待遇」であって文官分限令は適用されないが、職務の性質上他の官吏とは自ずから異なるものがあるとして本規則が制定された。 ...
  • そのために、日本でも政党政治が行われると、「政治の粛正」を大義名分として文官分限令第11条にあった「任命権者による行政運営上の都合に基づく休職」規定を発動して内務省を中心に省幹部や知事などの休職・転任が政権政党交代ごとに行われて、自党系の府県知事や警察幹部などが配置された。 ...
  • 当初は「文官分限令」の題名で制定されたが、1946年に「官吏分限令」と改題された。 ...
  • また3月28日には憲政党に相談なく文官任用令を改正し、文官懲戒令、文官分限令を公布し、次官・局長・知事などの勅任官に対しても高等文官試験に合格した者しか任用できないようになり、また罷免も困難となった。 ...
  • だが、その後、同党からの入閣の約束を一方的に反故にして、文官任用令改正を行い、続いて文官分限令・文官懲戒令・治安警察法の制定、軍部大臣現役武官制の導入などで、政党を政府から排して超然主義による国家運営を目指した。 ...
  • 同年、文官分限令により休職となる。 ...
  • なお、戦前においては文官分限令第11条において「官庁事務ノ都合ニ依リ必要ナルトキ」には任命権者は官吏を休職を命じる事が出来るとあり、任命権者が官庁事務にとって不都合と判断した官吏に対して休職を命じることが出来た。 ...
  • 翌1916年4月28日に知事を退任した後は文官分限令第11条第1項第4号に基づいて休職したが、1917年3月6日に脳溢血を発症。 ...
  • なお、戸水は日露戦争末期に賠償金30億円と樺太・沿海州・カムチャッカ半島割譲を講和条件とするように主張したため、文部大臣久保田譲は1905年8月に文官分限令を適用して休職処分とした。 ...
  • 北海道庁在任中の1927年6月、文官分限令第11条第1項第4号により休職を命ぜられ帰郷した。 ...
  • 京大法学部教授会および小西総長は文相の要求を拒絶したが、同月25日に文官高等分限委員会に休職に付する件を諮問し、その決定に基づいて翌26日、文部省は文官分限令により瀧川の休職処分を強行した。 ...