文字を扱う場合

5 の用例 (0.00 秒)
  • 一般にシステムが文字を扱う場合には、必要な1つの符号位置にアクセスすることで文字情報を取得する。
  • EUC-JPはUNIX上で日本語の文字を扱う場合にもっとも多く利用されている文字コードのひとつである。
  • コンピュータ上で文字を扱う場合、典型的には文字による通信を行う場合にその両端点では、どのような文字集合を使うか、あらかじめ取り決めておく必要がある。
  • アラビア数字やラテン文字以外の印字文字や、改行文字を扱う場合、文字コードの問題が発生する可能性がある。
  • 一方で、ウェブブラウザなど、もっぱら画面上で文字を扱う場合には、明朝体はあまり用いられず、字画のよりシンプルなゴシック体が広く用いられる。