文字を入力

66 の用例 (0.00 秒)
  • 画面の上下から次々と出現するボードに表示された文字を入力していく。
  • 次にベースの文字を入力することで最終的な文字が表示される。
  • これは、「」という文字を入力して検索するよう促しているものであった。
  • この認証画像を受け取って文字を入力する第三者は認証人などと呼ばれる。
  • 画面上に次々と出現する文字を入力していく。
  • 画面につたない指遣ゆびづかいで文字を入力していた遠子が、こちらを見てにっこりする。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • 今度は僕も携帯電話のテンキーを操作し、かな文字を入力した。 虚淵玄『沙耶の唄 離別エンド』より引用
  • 従って、複数ストロークのキー操作で1文字を入力するなどの仕組みが必要となる。
  • というようなコードで記述した場合、数字以外の文字を入力してしまうと無限ループに陥ることになる。
  • 彫刻盤に彫刻で文字を入力するときの字形を定めた規格である。
  • 携帯電話端末の限られたキーを用いて、2回の打鍵で1文字を入力することを実現する方式である。
  • 下画面のタッチパネルがキーボードとなっており、それで文字を入力したり絵を描いたりして送信することで会話を行う。
  • 下に文字を入力する部分、その上に「なんとかかんとかプリーズ」と書いてある。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • この Bing Maps でのハイブリッドとは、航空写真に名称の文字を入力したものである。
  • このため、文書の作成の全体像は、書式や段組などを考慮せずにポメラを利用してキーボードから文字を入力して保存しておき、それをパソコンに転送して以降の文書の編集を行うことになる。
  • 挿入モードでは、既に文字が書かれた位置にカーソルを移動してから文字を入力すると、カーソル位置にあった文字は上書きされずに、新しく入力した文字の後ろに移動し、それ以降にあった文字も全て後ろに移動する。
  • 検索の仕方は、人名か書名かキーワードのいずれかを選択してから、文字を入力することになっている。 今野緒雪『マリア様がみてる 04 ロサ・カニーナ』より引用
  • また、画面右上に表示されているテキストボックスに任意の文字を入力することにより、表示項目を絞り込むことも可能となっている。
  • デッドキー単体では完全な文字を入力することはできないが、このキーの直後に文字キーを押すことでダイアクリティカルマークが追加された文字を入力できる。
  • ユーザーが間違って打ち込んだ文字を消したい場合、前の文字をキャンセルすることを示す制御文字を入力する。
  • 次へ »