文字の並び

35 の用例 (0.00 秒)
  • それらの中には他の文字や文字の並びと機能的に等価なものが存在する。
  • コンピュータにとっては、これは単なる43文字の文字の並びでしかない。
  • また、うまく処理することで、無限の文字の並びも考えることが可能である。
  • 情報は事前に選択した形状の文字の並びとして表示される。
  • 以下に文字の並びに対しデコードを試みた一例を示す。
  • これらの文字の多くは形態はあまり似ていないが、標準的な文字の並び順は強い類似性を示しており、二つの文字体系が完全に独立して作られたのではないことを示唆する。
  • 全角と半角の片仮名文字も等価であり、合字とその構成要素となる文字の並びも同様である。
  • 通常のトライ木と異なり、辺には1つの文字だけでなく文字の並びがラベルとして付与される。
  • 通常のトライ木に比較すると、基数木の辺は単一の文字ではなく文字の並びでラベル付けされる。
  • これは、あらかじめ盤面に入っている文字と文字の並びの特徴を手がかりに単語を考えていく物である。
  • 上記の手法はすべて、文字の並びが正規化前にすでに分解されている場合も含め、分解された文字の出現順序を標準化する。
  • どんな文字の並びがトークンとして成立するのかということに関しては、ふつうはプログラミング言語の仕様として決められている。
  • これらは文字数が変化しなくても、文字や文字の並びを等価な文字やその並びに置き換えることがある。
  • 通信ハードウェアの発展は、ソフトウェアやオペレーティングシステムの性質にも影響を与え続け、データは文字の並びとして扱われることが多い。
  • 一般に空白でない先頭の文字の種類によってそこから始まるトークンの種類が類推できるよう設計され、その後の文字の並びはそのトークンとして受理できない文字が出てくるまでひとまとめとして処理される。
  • この状況を解決するために、Unicodeは特定の環境下でこれらの文字や文字の並びを同じものとして扱うよう正規化するテキスト処理アルゴリズムを推奨している。
  • ディスレクシアはそれら様々な段階での症例が報告されており、例えば2つの文字の違いがわからない、文字や単語の理解まで非常に時間がかかる、文字の並びが歪んで見える、文字自体が二重に見えるなど様々である。
  • しかし、語彙素は単なる特定の文字の並びでしかない。
  • これらのキーワードは、互換文字とその互換分解文字の並びとの間に存在する関係を暗示する。
  • トリップキーが公になっているトリップは個人を証明する手段としては使えないが、文字の並びが目立つものや特定単語が含まれるものでは、トリップキーが公開されているものがある。
  • 次へ »