整然と秩序

6 の用例 (0.00 秒)
  • 頭上の爆音は引きも切らず、トラックやドイツ人労働者たちは、整然と秩序に従って荷物をさばいていた。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 数かぎりない翼が、申しあわせたように整然と秩序だった動きを見せて、帝都の輝きの中に舞い降りようとしていた。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • 彼は下宿の机の上に、このノートブックをきれいに積み上げて、いつ見ても整然と秩序のついた書斎をからにしては、外を出歩いた。 夏目漱石『門』より引用
  • そして、自分自身がその中に、整然と秩序づけられたもの、法によって支配されたもの、霊に近づきうるものとして、配置され、編入されているのを感じた。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • 未来や運命を知り、名づけ、それについて話すことができる、ということが、彼には奇蹟に満ちた、しかも整然と秩序のある、見渡せないほど広い場所を見渡すことのように思われた。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用
  • その体裁は、整然と秩序立てられた論駁というよりも、「モグラ叩き」のように、そうした説の論点を1つ1つ取り上げながら、「そうした前提に則ると、矛盾する」といった帰謬論証を重ねながら、地道に斥けていくものである。