整然と列をなし

9 の用例 (0.00 秒)
  • 極めて整然と列をなしてオリーブ樹が長くずらりと植えられている。 北杜夫『マンボウ響躁曲 地中海・南太平洋の旅』より引用
  • 義家が馬を止め上空を見ると、通常は整然と列をなして飛ぶ雁が乱れ飛んでいた。
  • 李玉娥を先頭にして、彼らは整然と列をなしていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 北から吹き付ける風は身を切るような冷たさだが、公家たちは身じろぎもせずに整然と列をなしていた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • このサリー・フランク人の間で形成された文化が残したと考えられているのが、4世紀の後半に北ガリアに出現する行列墓と呼ばれる遺跡で、頭部を東に向けて遺体を埋葬した墓穴が整然と列をなしている。
  • 真の指令と偽の指令とが、それぞれ正反対の方角へむけて整然と列をなしていると思ったのだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 07 怒濤編』より引用
  • 岬の背後は保護された入り江になっており、海岸には灰褐色の天幕が整然と列をなして並ぶセンダリア軍の野営地が設営されていた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 帝国軍メックリンガー艦隊が、整然と列をなして、「雷神トゥールのハンマー」の射程内を通過していく。 田中芳樹『銀河英雄伝説 09 回天編』より引用
  • 効率上の理由などから、同じ年齢の同じ種類の樹木が整然と列をなしている森林づくり、いわゆる単層林施業が多いが、最近は林相の多様化などを狙い、間伐した間に樹下植栽をする複層林施業も行われている。