数少ない選挙区

5 の用例 (0.00 秒)
  • 中選挙区制下で日本共産党が複数候補を立てたことのある数少ない選挙区である。
  • 日本社会党の勢力が強く、自由民主党と互角の争いを続けた数少ない選挙区であった。
  • 中選挙区制下で日本共産党が複数候補を立てたことのある数少ない選挙区で、1972年、1979年には2人当選を果たしている。
  • 中選挙区時代は元内閣総理大臣村山富市の地盤であり、小選挙区が導入された1996年以降、自民党が強い九州にあって非自民の候補が連続当選している数少ない選挙区であった。
  • 小選挙区制施行以後も、愛知12区と並んで自由民主党の山本明彦が3回すべての選挙で地盤を守り抜いている県内でも数少ない選挙区の一つであったが、2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では民主党の森本和義が当選した。